Melogress Official Website

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    ジェネシス伝説・現代に甦る!「ジェネシス・リヴィジテッドⅡ」

    GR2

    2013/6/7 スティーブ・ハケットバンドのライブ、行ってきました。
    ジェネシスワールドが展開されました。最高でした。
    人生のベストライブのひとつとなりました。

    ライブの感想は、おそらくネット上でも多いと思うので
    今回は、こちらのアルバムのレビューをしたいと思います。
    例によって、極論が多いかも知れませんがご容赦下さい。

    選曲は、4人時代のジェネシスまでの名曲の数々を網羅した形で
    ジェネシスファンなら十分に楽しめるものですが、
    ソロアルバムからの曲も最高です。
    1枚目最後の「プリーズ・ドント・タッチ」が
    ある意味1番良かったかも知れません。
    個人的にはライブでもやって欲しかったです。

    全体的には(特にジェネシス・リヴィジテッドⅠと比較すると)
    オリジナルに忠実なアレンジです。
    現代の機材を使っているので、音質が格段に上がっていますが
    何よりも演奏自体がとても素晴らしいです。
    どのくらい素晴らしいかと言うと、力量ではオリジナルジェネシスより上です。
    もちろん好みもあるし、断言しすぎかも知れませんが。

    そして、ハケットのギターですが
    もはや感涙モノとなっています。
    ちまたに良くある、泣くだとか、速いだとか
    そんなレベルで語れるギターではありません。
    ロングトーンだけでも世界を築き上げます。
    そして感動とともに
    唯一無二のギターフレーズが次々と紡ぎ出されます。

    アコースティックギターも上手いです。
    60歳を超えてなお高みを目指すその姿に敬意を覚えます。


    ジェネシス好きな人・ギター好きな人・美しい音楽が好きな人
    とにかく、買いましょう!
    そして、最後に最高の極論を述べて、
    この拙いレビューを終わりたいと思います。


    「彼こそプログレッシブ・ロックを真に愛する至高のギタリスト。
    我々日本人にとって、彼こそが、ジェネシスそのものだったのだ!!」




    [Column]アルバムレビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |

    北の大草原(赤坂見付)by Itaru

    きたの大草原
    北海道ラーメンと言えば
    「すみれ」か「純蓮」だと思っていたのですが
    赤坂見付に本場の味を提供してくれるラーメン屋がありました。

    みそラーメンは、上記2店舗と違い
    表面にラードがはっていないですが、味自体は上記2店舗と
    同等かそれ以上の味だと思います。

    写真は「たまり醤油ラーメン」
    こちらも、香ばしいスープに香ばしい具材、
    素晴らしい一杯でした。
    最近は、魚介系より
    こういった、みそや醤油で美味しいラーメン屋が
    自分的にはポイント高いですね。
    [Column]メンラーシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

    世界で最も偉大なオルガニスト『マリー・クレール・アラン』

    こんにちは、Itaruです。
    今回は、2013年2月26日、86歳で死去した
    アランに関してのコラムとなります。

    バッハのオルガン曲全集録音を3回も行っていて、バッハのイメージが強いですが
    真の魅力は、バッハの曲以外にあると自分は思っています。

    基本的には上品な演奏なのですが、
    どんな手と足を駆使する曲だろうが
    気品のある素晴らしい世界を見せてくれます。

    正直、芸術家に対して失礼かも知れませんが
    サイボーグか強化人間の類ではないかと思ってしまいます。
    『超人』というのが一番正しいかも知れません・・・
    何を弾いても完璧です。

    最近のお気に入り
    ヴィドール曲集

    alain

    難曲であればあるほど、凄いです。

    絶対的な練習量の違いでしょうか?
    絶対的な才能の違いでしょうか?
    あるいはその両方なのでしょうか。

    1度だけでも、彼女の演奏を生で聴けたことは
    とても幸運で貴重な経験だったと思っています。

    ご冥福をお祈りします。
    [Column]その他、日常的コラム | コメント:0 | トラックバック:0 |

    ITで繋がる世界との扉・Traceのリック・ヴァン・ダー・リンデンの友人とメル友になりました

    こんにちは、Itaruです。

    ある日、Youtubeでアップロードした動画を閲覧したという
    オランダからのメールが届きました。

    『あなたのキーボードプレイは素晴らしい。
    この曲をリック以外の人がプレイしているのを初めて見た。
    よければ、メールを下さい

    といった内容でした。

    英語で返信を返したところ、そこから色々やりとりが生まれて
    表題のとおり、現在に至るというわけです。
    最近で印象深かったのは
    Traceの未発表音源を発見したが、リックの妻やエクセプションのメンバーが
    権利を持っているので、CDまたはDVD化したいが出来ない』
    と言った内容でした。
    また、リックついて、Traceについて、色々と聞けば教えてくれるので
    非常に興味深いです。なにせアーティストに近いところにいた
    人物からのメッセージですから…

    何にせよ、ITの進化により世界とつながることが容易になったから出来る
    やりとりだと思います。

    このつながりは大事にしたいですね。
    そして、日本とオランダの関係をちゃんと維持できるよう
    努力したいと思います。



    これがその動画です。『鳥人王国』からの抜粋です。
    徹夜明けの午前中に弾きました(爆)
    テンションは高かったですが、立っているのがきつかったですね…

    [Column]ITと音楽についてItaruがKataru | コメント:0 | トラックバック:0 |

    ITが生んだ電子の歌姫『初音ミク』(VOCALOID)

    こんにちは、Itaruです。

    今日のお題は、VOCALOID『初音ミク』についてのコラムです。
    キャラクター性などについては、他の方がいくらでも
    語っていると思うので、自分はミュージシャンとしての切り口で書きたいと思います。

    自分が活用している方法としては
     1・自作の曲のヴォーカリストとして
     2・仮歌として

    この二つになります。

    1・自作の曲のヴォーカリストとして
     現在、ItaruのYoutubeでプログレのカヴァーやMelogressの曲など、色々アップロードしていますが
    ニコニコ動画にもアップロードをしていこうと考えた際、
    『初音ミクに歌わせたオリジナル楽曲をアップロード』というのを考えました。
    もう皆さん散々やっていることですが、遅ればせながら参入(笑)

    生身の女性シンガーを探さなくても、簡単に女性ヴォーカル曲が
    出来上がるというのは、昔は出来なかったことかと思います。

    Itaruのプログレコンセプトストーリー『西暦2222年』
    主人公「フェアリー・ディーヴァ」とその仲間たちを描いた作品です。
    下記は全11曲のプレイリスト(Youtube)とテーマ曲のリンク(nikoniko)になってます



    【ニコニコ動画】【初音ミク】西暦2222年【オリジナル】

    2・仮歌として
     初ソロアルバム「Itaru/Unchained Fantasy」こちらにつきまして
    実は、歌い手さんたちに渡したデモ音源の仮歌は
    全部『初音ミク』が歌っているものです。

    誰かに仮歌を歌ってもらうよりは、ものすごく手軽です。
    この使われ方は、結構多いのではないかな?と思います。



    キャラクター性で脚光を浴びている『初音ミク』(VOCALOID)ですが、
    DTMソフトとしても、日本が世界に誇れる素晴らしいものではないかと思います。
    機材が発展して、昔はできなかったことが次々とできるようになっていきますね。

    昔の名器と呼ばれるものも、けっして色褪せることはないですが、
    10年後くらいには、今では想像もつかないような
    素晴らしいソフトや機材が誕生しているのではないでしょうか。

    そして、機材に負けない素晴らしい音楽を、やっていきたいと思います。
    [Column]ITと音楽についてItaruがKataru | コメント:0 | トラックバック:0 |

    IT・暗号化と音楽(原始から現代、そして未来へ)

    こんにちは、Itaruです。

    本日は、暗号化の歴史について取り上げたいと思います。
    ムリヤリ音楽にも絡めるので、是非最後までご覧下さい。

    『暗号』というものは古代より使われ、進化を繰り返して
    現代でもさまざまな場面で使われています。

    身近な例
    「ひらけ、ごま」
    「やま → かわ」
    「業務放送、全館66番対応をお願いします」
    「ザギンでシースー」

    それではここから、歴史順にピックアップしていきます。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    ●古代

    文字を隠す(ステガノグラフィー)
    •伝令の髪を剃って、頭皮にメッセージを入れ墨。髪がフサフサになってから使いに出す。

    ●近代

    シーザー暗号
        
        平文: apple
        アルゴリズム: アルファベットを平行移動
        鍵: 3文字ずらす
        暗号文: dssoh


    angougazou 


    ●現代

    公開鍵暗号

        ・公開鍵と秘密鍵が、ペアで作られる
        ・相手には公開鍵だけ渡す
        ・公開鍵で暗号化されたら、ペアの秘密鍵でしか複合化できない
        ・秘密鍵で暗号化されたら、ペアの公開鍵でしか複合化できない
        ・公開鍵から秘密鍵を作ることはできない

    アリスからヴァンダーに秘密のメッセージを渡したい

         1.ヴァンダーが、鍵ペアを作り、公開鍵だけ公表
         2.アリスは、ヴァンダーの公開鍵で暗号化
         3.ヴァンダーは、ヴァンダーの秘密鍵で複合化

    アリスは自分が書いた文書であることを、ヴァンダーに証明したい(署名)

         1.アリスが、鍵ペアを作り、公開鍵だけ公表
         2.アリスは、アリスの秘密鍵で暗号化
         3.ヴァンダーは、アリスの公開鍵で複合化

    ---------------------------------------------------------------------------------

    現代の技術は、身近なところでは
    通販サイトなどで使われているようです。

    こうして見ると
    古代→原始的物理的だが、そのぶんアイデア勝負で手法は色々ありそう
    近代→アルゴリズムが安直だと見破られる可能性が高いですが、その分作成も容易。
       →アルゴリズムが難ければ難しいほど、見破るのは困難になるでしょう。
    現代→テクノロジーって感じですね!!


    未来に行けば、もっと進化した暗号が使われるようになるかも知れませんね。
    ITは成長を続けているのですね。 (やや強引)


    さて、自分の曲の歌詞についてですが・・・
    これも暗号が使われています。

    それは比喩です。
    (比喩のひの字もない、直球歌詞も多いですが)

    比喩は暗号ではないのですが、主語を抜かすと暗号になりえるのです。

    そして、それらをロマンチックに受け取れば、
    歌詞と曲は、受け手の解釈により、そこにある世界は広がります。
    私が暗に込めたメッセージを、汲み取ってくれる方もいらっしゃるでしょうが
    音楽というフィールドの中で、聞いた人の世界と、私の世界がつながればいいな、と思います。



    音楽とは、聞き手と作り手が、それぞれ公開鍵と秘密鍵を持っているのかも知れませんね。


    ムリヤリ格好良くまとめてみました(笑)
    それでは、また。




    ※暗号化に関しての記述文は、某氏の描き下ろしを引用させて頂いております。
    この場を借りて御礼申し上げます。

    [Column]ITと音楽についてItaruがKataru | コメント:0 | トラックバック:0 |

    IT(インフォメーションテクノロジー)をからめた近況報告 by Itaru

    こんにちは、Itaruです。

    なんだか大層な表題がついていますが近況報告です。



    自分はProtools LE 8(8.0.5)というDAWソフトを使って作曲をしているのですが

    昔は、これと同じ環境を構築しようとしたら、何百万はかかるんだろうな・・・と思うほど

    何でもできてしまいます。



    そしてそこには、技術革新そして時代の流れがあるわけで。

    アマチュアとプロの境目、インディーズとメジャーの価値、いろんなものが変わったと思いますが

    「音楽をプレイする」「作曲を楽しむ」ということに関しては

    昔よりずっと豊かになっているんじゃないかな・・・と思います。

    敷居が低くなったと言いますか。



    CDが売れない時代ですが

    音楽は無くならないと思いますし、素晴らしいと思いますし・・・

    これからもITの発展とともに、想像もつかないような

    音楽の形も出来てくるんじゃないかなと思います。



    そしてItaruは、音楽もITも頑張りたいな、と思います。

    ミュージシャンとしては、常にピークです。ピークを更新し続けています。



    一時期は人生に絶望していましたが

    今はけっこう幸せです。その幸せが続くといいのですが(笑)


    [Column]ITと音楽についてItaruがKataru | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2012.10.20 吉祥寺シルバーエレファント(written by Itaru)

      
    20121028_1IMGP5193.jpg20121028_2IMGP5193.jpg20121028_3IMGP5193.jpg

    皆さんこんにちは、Itaruです。

    2012/10/20に開催された、PRR主催「ネオ マジェスティック トリロジー Vol.1」
    こちらのセルフライブレポートになります。
    是非ご覧下さい。

    この日は天気も良く、会場の雰囲気も良かったように思えました。
    我々Melogressはトリで出演、Itaruは期待と不安を胸に抱いてステージに臨みました。

    まずはセカンドアルバム「Oracle」のタイトル曲『自由の翼』からスタート。
    幾度となくプレイしてきた曲なので、安定した演奏だったかなと思います。
    Youtubeにもアップロードしているのですが
    『YESのファンが喜びそうな曲ですね(英語)』というコメントを海外からも頂きました。
    この曲は日本版YES・・・なのかも知れません。ギターいませんが。

    続いて2曲目は「Active Attacker」
    場面がいくつか変わるスリリングなインスト曲です。
    今回は2回目のライブ披露、前回より仕上がりは良かったと思います。
    やはりライブで数をこなしていくうちに、演奏は良くなっていくものなのですね。

    3曲目は再び「Oracle」よりバラード曲『旅路の果てに』
    F-nakajのフルートもフィーチャーした叙情的な曲です。

    そして4曲目は今回の目玉『闇夜の支配者 Part1,Part2,Part3』
    「Oralce」にはPart1が収録されていますが、前回初披露したPart2と
    今回初披露のPart3をつないだ、約20分の大曲です。
    主題と見せ場が入り混じった、壮大な世界になっています。
    ご来場の皆さん、楽しんでいただけたでしょうか。

    ここまで長い曲を演奏したのは初めてです。
    リハーサルでは1回通すと、もう疲れてました・・・(笑)

    でも慣れてくると、長い曲は弾き応えと達成感があります。
    こうやってプログレの深みにはまっていくんですね、きっと。

    と、次で最後の曲なのですが
    やっていなかったのでここでメンバー紹介。
    そして、前奏のSEから最後の曲『Entrusted Hope』へ。
    10分越え、4部構成の組曲です。
    個人的にはMelogress最高傑作。シンフォロックの極みを目指しました。
    時にスリリング、時に叙情的、最後のパートは大きく盛り上がったと思います。


    今回のイベントは、対バンの皆さんとも
    良い雰囲気で行えたので、いろんな意味で過去最高だったと感じています。
    最後の最後に記念撮影もしました(笑)

    20121020_5shot.jpg 
    左より
    Ichita Oe(UndeR The Glass Moon)
    Toshiaki Asakura (UndeR The Glass Moon)
    Itaru(Melogress)
    木村 健人(Hell’s Kitchen)
    Goto(Melogress)
    ※敬称略・名前表記はシルバーエレファントの記載に順じています



    「ネオ マジェスティック トリロジー Vol.1」そのうちVol.2があるといいな・・・・

    それでは、主観かつ拙いレビューで恐縮ですが
    また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

    ご来場の皆様、レポート読んでくださった方々、ありがとうございました!
    [Live report]2012.10.20 吉祥寺シルバーエレファント | コメント:0 | トラックバック:1 |
    <<前のページ| ホーム |次のページ>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。