Melogress Official Website メンボしているバンドがテレビ出演?! by Ryu

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    メンボしているバンドがテレビ出演?! by Ryu

    バンド活動をしていて、突然、テレビ出演の依頼が舞い込んできたら、それはすごいことですよね。
    ただでさえ普段から宣伝活動に余念のないアマチュアバンド界隈ですから、テレビ番組に出演してオンエアされれば、それは願ってもない宣伝になります。
    純粋にたくさんの人に自分達の音楽を聞いてもらえる機会になるし、バンドを見て気に入ってくれた人がチケットを買ってライブを見に来てくれるかもしれない、という打算的な利点もあります。

    でも、そんなおいしい話って、そう簡単にあるものなのでしょうか?
    メンバーにある程度有名な人が居たり、業界にコネがある人がいるなら、全くない話でもないかもしれません。
    またローカルバンドでも、着実に実力をつけ、地元のライブハウスなどで有名になれば、興味を持った業界人の人が目をつけて声をかけてくる機会があるかもしれません。
    いずれにせよお声がかかりそうなのは、それなりの実力があるバンドってことになりますね。

    では、メンバー探しをしているバンドはどうでしょう?
    「まだバンド自体が始まってないっつーの!」
    と、すばやいつっこみが返ってきそうですねー(笑)。
    まだメンボしているバンドは、基本的に人前での演奏の機会もないわけで、テレビ出演どころか、
    自分らでライブハウスに出演のブッキングに応募することすらできていないわけです。

    ところがです。
    ところがですよ?
    筆者が在籍したそのバンド(このメンボシリーズのその2~3に書いたバンド)なんですが、なんと!テレビ出演の話が来たんです!

    ~ え!マジかっ! ~

    バンド経験がどんなに長い人でも、テレビ出演ってのはなかなか機会がないものです。
    しかし、どうしてまだメンバーが揃ってもいないバンドにそんな話が・・・

    そうです。
    メンボしているがゆえに、テレビ出演の依頼が来たのです。

    前回のコラムに書いた女性ボーカルの加入・脱退の事件の後、筆者はまだメンボを続けていました。
    アクセスは相変わらずたくさんあり、実際に会って話したした人などもいたのですが、お互いにマッチするという出会いはありませんでした。
    そんなある日、一通の興味深いメールが届きました。


    *********************************************************************************

    当社は音楽芸能全般でクリエイト業務を行っております株式会社○○○○ともうします。
     このメールアドレスは練習スタジオ・楽器店のメンバー募集チラシからいただきました。
     ご不用でしたらお手数ですが破棄をお願いいたします。
     このメールは当社制作の新番組「××××」の出演依頼です。
                ~ 中略 ~
     もしご興味を持っていただけたらメール、電話にてお問い合わせください。
     詳細をお知らせしたいと思います。
     なお第1回の収録を200x年x月x日 東京新宿のライブハウスにて行います。
    出演希望、ご興味等ありましたらご一考ください。


    *********************************************************************************


    これは!
    こんなことってあるのでしょうか?(笑)
    そうです、筆者が何十ヶ所にも張ったメンボの張り紙のひとつを見て、メールで出演の依頼をくれたのでした。
    そう言えば以前も、雑誌のメンボ欄に筆者の投稿が掲載された後に、ライブハウスから出演のお誘いや、楽器のスクールからの勧誘が来るようになったりといったことがありました。
    業者側からしてみれば、個人情報が掲載されているため、正確にダイレクトメールを送ることができるわけです。
    しかも相手は、確実に音楽に興味を持っている人ですから、商売もやりやすいのかもしれません。

    それと同じ手口ではありますが、こうして筆者らのバンドに「メンボ番組」のテレビ出演依頼が来たのでした。
    「出来ることはすべて、徹底的にやる」という筆者の方針からいくと、メンボにおいて、これは願ってもないチャンスです。

    しかし結果からいって、これはあまり効果のあるものではありませんでした。
    なぜなら、一口にテレビ番組と言ってもいろいろあって、キー局のゴールデンタイムの放送から、地方のローカル番組まで、視聴者の数と層は千差万別なのです。
    このお誘いの番組は、CS 放送(衛星放送)のみでオンエアされる番組で、その CS の契約をしている人だけが見られるという、かなり見ている人の限られた番組だったのです。
    見ている数が限られた上に、さらにその中でバンドをやっていて(またはやろうとしていて)、さらに筆者らのバンドの提示する厳しい条件をクリアする人材が、果たして存在するのでしょうか?
    これは例によって、限りなくゼロに近いでしょう・・・

    メンバーの兄弟と話しあった結果、一応、出演することになりました。
    しかし、弟と筆者は日程の都合がつかず、兄が一人で収録に行ってきました。
    初代のシンガーが在籍したときに作ったデモテープがあったので、それを BGM に流してもらったとのことですが、たいした番組ではなかったらしく、詳細の報告の内容は忘れてしまいました・・汗

    どうせなら、活動が波に乗って楽曲のレパートリーが増え、ライブをガンガンにやっている時期にテレビ出演の依頼が来たらいいんですけどねー。
    おっ、そういえば我々 Melogress も今週末(2/11)は渋谷・club 乙での「Winter live '06」のイベントに出演するし、そろそろそんな依頼が来てもいい頃か?!(笑)
    [Column]メンボシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<彗星のごとくシーンに登場した、元祖スーパーバンド by Ryu | ホーム | ツインキーボードにギターレス、個性的な英国プログレバンド by Ryu>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |