Melogress Official Website Uriah Heep Vol.4 「DEMONS AND WIZARDS」 by Ryu

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    Uriah Heep Vol.4 「DEMONS AND WIZARDS」 by Ryu

    4枚目、「悪魔と魔法使い」です。いかにもヒロイックファンタジー然としたジャケのアートワークです。このアルバムには、彼らの代表曲である Easy livin' 「安息の日々」が収録されています。この曲は有名で、アメリカのメタルバンド、W.A.S.P などにもカバーされています。

    例によって恒例のメンバーチェンジが発生してますので、まずはそこから見ておきましょう。ついにオリジナルベーシストのポール・ニュートンが脱退してしまい、後任にマーク・クラークが加入します。Colosseumという強者どもが結集したバンドでベーシストだった彼です。かなりの実力者なのですが、なんとアルバム1枚も残すことなく、ヒープを去ってしまいます。このアルバムの1曲目の The wizard を、ヘンズレイと共作したのみなのですが、このコラボは実は後にもつながっていて、ヘンズレイのソロアルバムにクラークが全面的に参加するということが実現しています。で、そのクラークなんですが、この後はColosseumのリーダー、ジョン・ハイズマンに呼び戻され、Tempestというバンドの画策に関わります。そこで2枚のアルバムを残した後、Natural Gassを経て、みなさんご存知、リッチー・ブラックモアの Rainbow に加入します。Long live rock'n'roll のころです。しかしながら、ここもアルバムに参加することなくクビになると、なかなかこの時期の彼はついていなかったみたいです。ヒープのほうは、クラークの後任には、元 Keef Hertley bandゲイリー・セインを迎えます。彼はグルーヴィ(ファンキーと言ってもいい)で存在感のあるプレイをする人で、ヒープの歴代ベーシストの中で、最も人気があると言ってもいいかもしれません。
    ドラマーもイアン・クラークがあっさり脱退してしまい、ヘンズレイの旧知の仲であるリー・カースレイクが加入します。彼とヘンズレイ、そしてポール・ニュートンThe gods というサイケバンド時代の仲間で、このバンドの初期にはグレッグ・レイクミック・テイラーも在籍したというのは、割と知られた話です。このセイン=カースレイクのコンビはこの後少し続きますが、初期ヒープを固めた名プレイヤーと言えるでしょう。

    いかんいかん、つい人脈話が長くなってしまいった・・汗
    で、楽曲ですが、前作と異なり、いきなりアコースティックな雰囲気の曲で始まります。例のお得意のフォーキーな感じではなく、実際後半はオンビートになります。
    2曲目の Traveller in time はツインギターのフューチャされた楽曲で、ミック・ボックスのワウも前面に出てきます。
    そして3曲目が前述の Easy livin'、これは彼らお得意の歪んだオルガンとコーラスワーク、パワフルなビートで構成されたシンプルなシングル曲です。
    5曲目の Circle of hands は、メジャーキーのスローテンポの曲で、展開によって随所でセンスの光るキーボードプレイの聞ける曲です。ギターソロのフレーズも美しく、構築性の高さが伺えます。
    6曲目の Rainbow demon は、スローテンポのヘヴィなナンバーで、オルガンの印象的なリフと、カースレイクの重たいビートが前面に出ています。
    最後の Paradise と The spell は曲自体がつながっていて、展開を持つ1曲の長い曲とも解釈できます。両方ともヘンズレイのペンによるもので、彼の小作品といったところでしょうか。

    またこのアルバムのジャケは、Yes や Asia などのアートワークを担当したことで有名な、ロジャー・ディーンが担当してます。楽曲の雰囲気にもふさわしく、まさにコラボレートするべき関係であったと言えるでしょう。

    このアルバムのラインナップ、すなわちミック・ボックス(g)、ケン・ヘンズレイ(key、g)、ゲイリー・セイン(b)、デヴィッド・バイロン(vo)、リー・カースレイク(ds)の時代は、今後しばらく続き、バンドの初期黄金時代を迎えます。今でもこのラインナップを賞賛する声はやまず、代表作があることもあり、人気のある時代です。

    スポンサーサイト

    [Column]Uriah Heep シリーズ | コメント:0 | トラックバック:1 |
    <<Uriah Heep Vol.5 「THE MAGICIAN'S BIRTHDAY」 by Ryu | ホーム | Uriah Heep Vol.3 「LOOK AT YOURSELF」 by Ryu>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    URIAH HEEP /DEMONS AND WIZARDS 久々に“Why”を弾いてみたら すっかり嵌ってしまっている この曲はDEMONS AND WIZARDS のボーナストラックに入っている曲 久々なものだから、ところどころ運指を忘れていた まずはせめて2年前に弾いてたようにできないと...
    2009-10-28 Wed 21:08 kisatonomori
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。