Melogress Official Website ブリティッシュロック界の強者結集! by Ryu

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    ブリティッシュロック界の強者結集! by Ryu


    Hard stuff / Bulletproof('71)



    さて、勝手に「ブリティッシュマイナー」という新シリーズを始めさせてもらいました。

    「ブリティッシュマイナー」というのはあまり一般的な音楽ジャンルの言葉ではないのですが、

    それが好きな人同士ではこの言葉で通じるので、このシリーズタイトルにしました。

    だから厳密な定義があるわけではないのですが、「60~70年代の英国のマイナーなハードロック」程度に認識しておいてください。

    メジャー・マイナーの基準も人によってあいまいなので、「それはマイナーではないだろう~」とつっこみがくる回があるかもしれませんが、あくまでも筆者の感覚によるマイナーという区分なので、その点もご了承くださーい <(__)>



    で、記念すべき第1回なのですが、Hard stuff というバンドを取り上げたいと思います。

    このバンド、ジョン・デュ・カン(G、Vo)、ジョン・ガスタフスン(B、Vo)、ポール・ハモンド(Dr)からなる、いわゆる典型的なギタートリオバンド(最近ではスリー・ピースと言われる編成)なのですが、3人とも英国ロック界を生き抜いて来た強者ぞろいのすごいバンドです。

    このアルバムが発表されたのが71年なのですが、それより先に、各人いくつかのキャリアを経ています。

    そしてこの後も、いろいろなバンドに関わってゆくことになります。



    ジョン・デュ・カンはあまり有名ではないですが、60年代後半より The Attack(モッズ~ブリティッシュビート系のバンド)や Andromeda(Hard stuff の雛型とも言えるトリオのハードロックバンド)といったバンドを率いていた、個性的なギタリスト/シンガーです。

    彼のスタイルは、芯の細い音のシングルコイルのテレキャスターを好んで使用し、タイトなリフレインを全面に押し出したギタープレイで、筆者のお気に入りのギタリストの一人です。

    注目すべきは、この人は60年代後半にすでに、ハードロックのギタリストとしてのプレイスタイルを確立していることです。

    この時代といえば、メインストリームでは Jimi Hendrix や Led Zeppelin が出てきたばかりのころで、まだハードロックのギタープレイの概念が一般化していないころです。

    有名でないからあまり話題にはのぼりませんが、ジミやジミー・ペイジと同時代の同格のギタリストと言っても過言ではないかもしれません。



    70年代に入り、彼は Atomic rooster に加入します。

    Atomic rooster は「EL&Pのカール・パーマーが居たバンド」として紹介されることが多いバンドですが、実態は彼は1stのみで脱退してしまったメンバーで、ジョン・デュ・カンと同時に在籍したのはほんのわずかの期間だったみたいです。

    Atomic rooster は、オルガニストのヴィンセント・クレインが中心のバンドで、そこにジョン・デュ・カンとポール・ハモンドが加入し、オルガン・ドラム・ギターの、変則的なトリオのハードロックバンドになります。

    そこではジョンとポールは2枚のアルバム制作に関わりますが、その後二人して脱退し、この Hard stuff をジョン・ガスタフスンとともに結成します。



    ジョン・ガスタフスンは「ブリティッシュロック界きっての名脇役」と言われるほど、いろんなバンドに関わったベーシスト/シンガーです。

    有名なものでは Roxy music と Ian Gillan band があがりますが、そのほか枚挙に暇がありません。

    彼のキャリアは60年代初頭とかなり古く、 Big three というブリティッシュビート系のバンドからスタートしています。

    このバンドは、あの Cream のマネージャが参考にしてメンバーに意見したという話もあるくらいです(エリック・クラプトンに影響を与えたか?!)。

    その後、いくつかバンドを経てから Episode six というバンドに加入し、そこのメンバーのピーター・ロビンソン(Key)とミック・アンダーウッド(Dr)と巡り会い、3人で脱退して Quatermass というキーボードトリオバンドを結成します。

    これはこれでプログレ史上に残る名盤を一枚だけ残したバンドなのですが、ほどなく解散し、ジョン・ガスタフスンは元 Atomic rooster 組の2人と合流し、Hard stuff を結成します。



    ジョン・ガスタフスンは、ベーシストである筆者が好きなプレイヤーの一人で、長いキャリアの中でかなりいろんなプレイを聞かせてくれています。

    この Hard stuff では典型的なハードロックのスタイルのベースプレイですが、Ian Gillan band ではかなりファンクよりのプレイだし、 Roxy music では長期在籍したサポートメンバーという形ですが、あの時代の Roxy music の音楽性に一役買っているプレイです。

    ソロアルバム(「Goose Grease」というアルバム)も出していて、筆者はチェックしましたが、彼の歌とベースプレイがそれぞれフューチャされたなかなかの佳作でした。

    ライティングやシンガーも担当する Hard stuff や Quatermass では、彼の個性が前面に出てきますが、ベースのみの参加のバンドではベーシストらしく脇役に徹し、ビシバシと渋いプレイを聴かせるというスタイルは、まさにベーシスト中のベーシストと言えるでしょう。

    派手なプレイで有名なベーシストは多いですが、筆者は彼のようなプレイヤーこそ(ロック)ベーシストの模範としたいと思っています。



    この Hard stuff のアルバムは、Deep Purple のマネージャらが設立したパープルレコードより発売されています。

    このレーベルは、ロジャー・グローヴァー(Deep Purple のベーシスト)がプロデューザーとして関わったりと、パープルのメンバーともゆかりが深いレーベルで、この Hard stuff もそのひとつです。

    このアルバムでも7曲目の Monster in paradiseを、ロジャーとイアン・ギラン(Deep Purple の2代目シンガー)と共作しています。

    パープルの影響があるかどうかは一聴してはわかりませんが、ギターとベースの印象的なユニゾンのリフレインのハードなナンバーになっています。



    そういった経緯で結成された Hard stuff のデビュー作なのですが、音の方はかなり硬い感じのヘヴィな仕上がりで、71年という時代を考慮してみると、当時ではかなり重量級のバンドであったと推測されます。

    71年は Led Zeppelin が名盤の誉れ高い4枚目のアルバムを発表した年で、Deep Purpleで言うと、ハードロック路線に転換したアルバム In Rock を発表した年の翌年にあたります。

    Hard stuffもこういったメインストリームのバンドと時代を同じくして、ロックという音楽ジャンルを切り開いていったバンドの一つと言えるでしょう。



    このバンドの魅力は、楽曲によってシンガーが交代することにもあります。

    楽曲は、ジョン・デュ・カンとジョン・ガスタフスンの二人のシンガーが手がけ、自分の書いた楽曲の歌は自分で歌うというスタイルです。

    決して上手くはないですが、それぞれ Atomic rooster や Quatermass で既にリードボーカルを取ってきた彼らですから、きっちりとリードボーカルもこなしています。

    中音域でザクザクと展開するギターのリフレイン、タイトなドラミングとベースライン、それに乗った二人のシャウティングなボーカルと、ハードロックの魅力をあますところなく伝えてくれる名盤です。



    このアルバム、90年代初頭に MSI の「原型回帰シリーズ」で CD 化されていたものの、その後、廃盤の時期が長く続いていました。

    筆者がこのアルバムの存在を知ったのもその廃盤時代で、2002年に Red Fox が再発するまで、ずっと聞けずにいました(しかも再発されたことを筆者が知ったのはもっと後・・・)。

    中古盤屋に行っては、いつも「H」の欄でチェックしていたのですが、4年も5年もその状態が続いていました。

    ネット上で情報を収集しても、みなが口をそろえて「名盤!」と言うものですから、どうしても手に入れて聴きたい気持ちが募っていきました。

    だから他のバンドのアルバムと比べると、手に入れて聴いたときの感動はひとしおでしたよー。

    70年代のハードロックが好きなあなたなら、迷わずチェックしてみてください。
    スポンサーサイト

    [Column]British マイナーシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<結婚式バンド by Ryu | ホーム | What's new 2006/01/04>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。