Melogress Official Website 彗星のごとくシーンに登場した、元祖スーパーバンド by Ryu

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    彗星のごとくシーンに登場した、元祖スーパーバンド by Ryu


    Captain beyond / Captain beyond('72)



    このバンドはブリティッシュと呼ぶには少々難があるのですが、70年代の英国のHR、プログレッシブロックを語る上では避けて通ることのできないバンドなので、ここで取り上げることにします。

    「また有名なのもってきたなー」

    と感じるマニアの方もいらっしゃるかもしれませんが、ご愛嬌ということでカンベンしてください・・(^^;



    なぜブリティッシュロックと呼べないかと言うと、Captain beyond はメンバーが英米混合のバンドで、しかもこの 1st アルバムのころは英 1/4、米 3/4 という比率だったからです。

    その唯一の英国人は、シンガーのロッド・エバンス。

    この名前を聞いてすぐに分かる人はすくないかもしれませんが、例えばイアン・ギランと言えば、誰でも知ってる Deep Purle のシンガーですね。

    イアン・ギランは有名ですが、実は彼は Deep Purle のオリジナルメンバーではありません。

    では、誰がオリジナルのシンガーであったかというと、このロッド・エバンスなのです。

    これは割と有名な話で、Captain beyond と聞くと、「ああ、あのパープルの初代ボーカルが居たバンドね」という反応もよくあります。

    彼の存在一人で、サウンド全部が英国的なものに聞こえてしまっているので、その歌声や存在感は圧倒的なものがあります。



    では米国人のインスト隊は誰かと言うと、これまた強者ぞろいです。

    ギターとベースの二人は、筆者の最も好きなバンドの一つである Iron Butterfly の出身です。



    Iron Butterfly は60年代後半に、全米No.1のヒットソングを放ったこともあるほど、実力も知名度もあるバンドです(日本ではあまり知られていませんが)。

    西海岸のサイケな要素のあるバンドですから、有名なところでは The Doors などが同世代の近いバンドにあたりますね。

    「鉄の蝶」と名づけられたこのバンド名、何か重いもの(鉄)と何か軽いもの(蝶)を組み合わせ、この名前がつけられました。

    サウンドのほうは、当時ののんびりしたサイケな雰囲気の楽曲もあるにはあるのですが、やはり重く沈みこむようなヘヴィな楽曲こそが彼らの魅力でした。

    「重い」といっても、80年代以降のいわゆる Heavy Metal などの重さとは違って、60年代後半当時で精一杯の重さですので、メタラーのみなさんはあまり期待してはいけません(笑)



    その Iron Butterfly でヘヴィなラインも聞かせていたのが、ベーシストのリー・ドーマンです。

    彼のプレイはいいですよ~♪

    フェンダーのテレキャスターベースがメインベースで、ときにファンキー、ときにヘヴィなプレイで、印象的なラインをよく弾いています。

    以前、このコラムで紹介した Hard Stuff のジョン・ガスタフスンと共に、ベーシストの筆者の最も好きなプレイヤーの一人です。

    Iron Butterfly は、解散する前の最後のアルバムにてツインギター編成になるのですが、その片割れのラリー・リノ・ラインハルトとリー・ドーマンは、その後も一緒にバンドをやることを画策します。

    そしてそのメンバーにドラマーとして、ボビー・コールドウェルを誘います。



    ボビー・コールドウェルと言えば、あの AOR シンガーですが、Captain beyond のボビーとは同姓同名の別人です。

    そもそもコールドウェルのつづりが、Caldwell(AOR シンガー)とColdwell(ビヨンドのドラマー)と異なります。

    このドラマー、AOR シンガーほど有名ではありませんが、なめちゃいけません。

    すさまじい才能の持ち主です!

    このバンドの前にはジョニー・ウィンターのところでドラムを叩いていたのですが、そのバンドではホワイトブルースという音楽性であったこともあり、そんなに複雑なパターンはありませんでした。

    ところがこの Captain beyond、かなりのプログレッシブな変拍子の嵐です。

    しかもトータルコンセプトアルバムで、ノンストップというわけではありませんが、最初から最後まで一連のテーマで繋がっています。

    楽曲はすべて、このボビー・コールドウェルとロッド・エバンスが手がけています。

    そんな構築性のあるアルバムでドラムを担当しているわけですから、彼の技量の高さはうかがい知ることができます。

    彼のドラミングは、繊細かつ大胆、そしてアフリカンビートやラテンのノリさえ含んだバリエーション豊かなプレイで、まったく隙がありません。

    一つのバンドに長く在籍することがなく、しかもどのバンドもそれほど有名にならなかったため、あまり知られてないプレイヤーですが、70年代当時のドラマーとしては最も優れたドラマーであり、評価すべきプレイヤーだと筆者は強く感じます。



    そんな Captain beyond は、元 Deep Purple、元 Iron Butterfly、元 Jony Winter and の実力者たちが集まり、トータルコンセプトアルバムを引っさげ、彗星のごとくシーンに登場したスーパーバンドです。

    そのサウンドは、スペイシーな広がりを持つギター、縦横無尽な動きと展開を聴かせるドラム、そのドラムの変化に絶妙にマッチしたヘヴィかつタイトなベース、そして伝統的な英国の湿り気のあるボーカルと、明らかにそれまでにないタイプのバンドです。

    まさにプログレッシブ(進歩的)であることを地で行くサウンドです。



    バンドはこの後も続くのですが、残念なことにボビーが脱退してしまいます。

    1st でそのサウンドを牽引していた彼の脱退を埋めるために、ドラムス、パーカッション、キーボードの3人ものメンバーが加わり、2ndアルバム(Sufficiently breathless)を発表するのですが、1stほど人気はありません。

    前作のコンセプト的な雰囲気も継承し、リー・ドーマン師匠が全曲書き下ろしたということもあり、個人的にはけっこうお気に入りなのですが、1st アルバムの衝撃が強すぎたからか、2枚目のジンクスというものがあったようです(ちなみにその 2nd アルバムの邦題は「衝撃の極地」(笑))。



    脱退したボビーは、Yardbirds、Renaissanceを経たシンガーのあのキース・レルフと、超ヘヴィブルースロックバンド Steamhammer の二人のバンド画策の誘いを受け、Armageddonを結成します。

    これまたこれで、Captain beyond 並に衝撃があったのですが、時代がもうそういったサウンドを求めていなかったからか、わずかアルバム一枚のみで解散してしまいます。



    そして70年代後半、Captain beyond が再結成されます。

    メンツは 1st のラインナップからロッド・エバンズを除き、代わりにウィリー・ダーファンを加えた四人。

    これで 3rd アルバムの Dawn explorsion を発表します。

    これまたすごい名盤!・・・と言いたいところなんですが、実は筆者、まだ未聴なんです・・・(^^;

    アナログ盤なら探せばすぐにあるかもしれませんが、CD化されているものの、なかなかCDは手に入らないのです。

    個人的に最高と考えるドラムス&ベースのコンビが復活してるし、ぜひとも聞きたいのですが、これまた数年越しの想いになってしまっています。

    「あそこで売ってたぞ」

    という情報がありましたら、ぜひこちらまでご連絡ください(笑)
    スポンサーサイト

    [Column]British マイナーシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<What's new 2006/01/11 | ホーム | メンボしているバンドがテレビ出演?! by Ryu>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。