Melogress Official Website メンボにおける失敗 by Ryu

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    メンボにおける失敗 by Ryu


    いつも出会った相手方のことばかりを記事にしているので、たまには自分(Ryu@メログレス)の失敗ネタも披露しておきます。
    といっても、たいした話じゃないですけどね。

    例によってメンバー探しをしていた筆者。
    このときは、とあるバンドに所属しながら、その活動では満足できず、新たに他のメンバーを探して、別のバンドを組もうかともくろんでいたときの出来事です。
    かれこれ今から3年ほど前、Melogress を結成する少し前のころの話です。

    ベーシストの筆者が、加入希望の投稿をメンボサイトにて掲示すると、たいていすぐにアクセスが来ますプレイヤーの人口の少なさを考えると、もっともな反応です。
    とあるサイトの統計によると、ロックバンドでもっとも人口が少ないパートはキーボディストで、ついでベーシストだそうです。
    キーボードは需要もある意味少ないので致し方ないですが、ベースは必ずといってもいいほどバンドには必要なパートなので、需要に対して最も供給が少ないパートと言ってもいいでしょう(ちなみに僅差でドラム、圧倒的に多いのがギター、ボーカルはそれよりも多いそうです。最も、ボーカル(志望)も入ってるでしょうけど(笑))。

    このときも加入投稿を出しました。すると筆者と同い年というギタリストからアクセスがあり、加入の誘いを受けました。
    そのバンドは、ドラマーとベーシストがもともとの知り合いだそうで、そこにギタリストのその彼がメンボサイトを通じて知り合って加入したところ、ベーシストが脱退してしまったとの話でした。
    よって、その二人は以前からの面識はなく、筆者を加えると、3人が3人とも初メンツという珍しいラインナップになります。
    シンガーに関しては、各自がボーカルを取るスタイルを希望とのことで、筆者もできる限り歌ってくれとの要望でした(笑)。

    3人でスタジオに入る予定を組みました。事前に顔合わせをしていたわけではないので、楽器を抱えて、スタジオの部屋にて初めての顔合わせです。
    場所は横浜の Gateway スタジオ。そこは筆者が前回の投稿のドラマーと通っていたスタジオで、そのとき数年ぶりにそのスタジオに行きました。
    挨拶もそこそこに、さっそくプレイです。3人ともそれぞれ経験を積んできていたので、初対面でもスムーズです。筆者は事前にオリジナル曲のコード進行を教えてもらっていたので、すぐその場でプレイできるようになっていました。

    ドラマーの人は、パワフルでかなり手数の多いプレイヤーでした。筆者よりも6つか7つ年上で、ずっと以前はプロ志向でかなりがんばっていたという話でした。
    いまだにプレイは健在で、特に手数の多さは、一緒にプレイしていて思わずふき出してしまうほどでしたドラムの音で、他 の二人の音がかき消されてしまうかの勢いでした。
    しかもこの人がすごいは、その手数の多さだけにとどまらず、自らリードボーカルも積極的にとって歌いまくるということです。しかもオリジナルだったので、適当英語で(笑)。でも、けっこう様になっているんですよねー、それが。
    手数の多さといいリードボーカルといい、BBA 時代のカーマイン・アピスを彷彿させると感じました。

    そんな感じでお互いに、認め合うことのできるプレイヤーだとジャッジできて、その後はスタジオ出てすぐ近所のファミレスでビールを飲みながら談笑しました。
    音楽性もみな昔のロック好きで、今後一緒にプレイしてゆくには問題ないだろうと判断できました。
    筆者はもちろん、今やっているバンドが他にあることを、最初からちゃんと伝えておきました。

    その後、またスタジオ入りしようとのことで、メールで連絡を取り合って予定を組みました。
    そして2回目リハの当日、Gateway に行った筆者は、店員さんに部屋の予約のことを聞いて焦りました。そう、予約したであろうそのギタリストの名前がないのです。

    「え?○○(ギタリストの名前)で予約取ってないですか?」
    「はい、ないですね」
    「?」


    全く訳が分かりません(!)。
    もちろん、その店員さんも分かるはずがありません。
    今の時代、こんなときには携帯があるではないですかー!
    しかーし、このときの筆者の携帯には、二人の電話番号は入っていませんでした・・・
    ギタリストの番号は教えてもらっていたのですが、パソコン宛てのメールで来ていて、それを登録するのを忘れていたのです。
    ドラマーの人の携帯は教えてもらったことはありませんでした。
    都合の悪いことに、私の携帯も向こうには教え忘れていました。
    そう、お互いに携帯で連絡を取ることはできなかったのです。

    筆者はだまされたのか勘違いしたのか分からず、そこにいても仕方ないので、弾きもしなかったプレベを抱えて、帰宅することにしました。
    その帰り道、腹いせというか流れというか、シァル(横浜駅の地下街)にある中古CD屋に、例によって寄り道をしてしまいました。
    このときは割りと豊作で、廃盤になっている Roxy music のライブ盤を手に入れた記憶があります。

    帰宅後、事前のやりとりメールを見ていて、ハタと気がつきました。
    Gateway じゃなくて Penta じゃん、今回は!
    そう、筆者は行くスタジオを間違えてしまっていたのです。
    また横浜で集まろうとなったとき、筆者は横浜の Penta も以前利用したことがあったので、「Gateway でも Penta でもどっちでもいいよ」と言っておいたのでした。これでは次は Penta にて予定が組まれても不思議ではありません。
    よくメールの詳細を確認していなかったという、筆者の完全なるミスです・・・
    後にも先にも、スタジオ間違いはこの日が初めてです。
    (あ、渋谷のシティサイドとムーンサイドの取り違いはあるかも・・)

    気づいた筆者は、すぐにギタリストの番号を確認して電話しました。

    「あ、すいません、もう練習終わっちゃいました?」
    「どうしたんですか?今日は」
    「ほんとスイマセン!間違って今日も Gateway に行っちゃったんです!

    この後は、筆者は平謝りでした。
    出会って間もない時期ですから、一回一緒にスタジオ入りしたとはいうもの、メンボでよくあるバックエレをかまされたと思い込まれても不思議はありません。
    筆者が真摯に謝って非を認めると、さすがに向こうも大人なんで許してくれました。
    そして次回のスタジオ入りの予定まで立てておきました。

    第3回目のリハは、3人とも横浜までと同じくらいの距離ということで、場所を町田に移しました。スタジオ Act、ここも筆者は以前利用していた場所です。
    そこで前回同様に気持ちよくプレイした3人は、またリハ後に一杯飲みに行くことになりました。

    小田急の駅の近くに、その場で会計してオーダーするというスタイルのバーがあり、明朗会計でそんなに高くもないということで、そこに決めて入りました。
    お互いの近況や今後のことを話し合ったのですが、ビールやつまみなど、その場のすべての会計を筆者が支払ったのは言うまでもありません(笑)

    筆者はまた前回のことを謝ったのですが、そのドラマー曰く、
    「ビールおごってくれるなら毎回すっぽかしても遅刻してもいい」
    とのことでした(笑)

    みなさんも知り合って間もないメンツでスタジオ入りするときは、場所をちゃんと確認して間違えないようにしましょう
    初回だとお互いに携帯の番号も知らないこともあるので、途中で細かな連絡が取れない場合があります。
    筆者の経験を他山の石としてください。

    その後、そのバンドがどうなったかというと、結果的には筆者が脱退しました。
    もともとやっていたバンドが、5人中、筆者を含めた3人が脱退という形で崩壊し、そのスピンアウト3人で新バンドを組むという構想が起こりつつあったため、出来心ですでに始めていたこの投稿のバンドは、いったい脱退して、プレイヤーとして無所属の状態にしたかったのでした。
    しかし、そのスピンアウトバンドも長く続かなかったので、今となってはこの投稿のトリオバンドを続けていたらどうなっていたことやら、と少々悔やまれるところです。
    スポンサーサイト

    [Column]メンボシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<「ポリス インサイドアウト」を観て by Ryu | ホーム | Uriah Heep 番外編4 Toe fat 「Toe fat」 by Ryu>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。