Melogress Official Website 2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu)

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu)

    Mellow Rock Fight Vol.1 に出演して(前編)

    左から、翔(Vo@yamaZaki)、コースケ(G@yamaZaki)、筆者(Ba@Melogress)、Itaru(Key@Melogress)
    photo by HIDE(Ba@yamaZaki)


    一昨日17日は、町田にて「Mellow Rock Fight Vol.1」のイベントが催され、私たち Melogress も出演してまいりました。
    昨年末、「Forever Free Rock Vol.8」に出演した際に、対バンで知り合った UndeR the glass moon との出会いが、今回の出演のきっかけとなりました。
    同世代のプログレッシブなバンドとして、お互いにリスペクトし合える関係となり、そのUtGM が 旧知の仲である Nostaldium とのイベントを企画するとのことで、お誘いいだたき再びの対バンが実現しました。
    さらに Melogress のドラマーのJunji が、他活動としてリーダーを務めるバンド、yamaZaki の出演も決まり、Melogress にとってはいろいろとゆかりのあるバンドによるイベントとなり、今までのライブとはまた一味違うイベントとなりました。


    しかも場所は、町田・Play House です。プレハと言えば、前回出演した Winter Live '06で対バンだった Buckskellter 2.9 のホームグラウンドですが、その昔は Luna Sea や Siam Shade といったバンドも出演していたという、老舗のライブハウスです。


    そんなこんなで期待は高まるなか、当日を迎えました。
    当日は逆リハで、Melogess は4バンド目の出演ということで、13時過ぎと割と早い時間帯から集まりました。
    筆者は以前、町田でバンドを組んでリハをやっていたこともあって、土地感もあり、また Buckskellter 2.9 のライブを2回ほど見に行ったことがあって、現地へは何なく到着しました。
    すでに UtGM の顔ぶれは集まりつつあり、また Nostaldium のメンバーや、yamaZaki のメンバーもほどなくして集まってきました。
    うちのバンドは Seede が先に来ていたらしく、次に Junji が yamaZaki のほかのメンバーの後に、その後に Itaru が機材を積んだ車にて到着しました。
    そのころには UtGM のリハが始まり、久々のライブに心踊り始めました。


    本日の UtGM は、Dream Theater の曲とオリジナルの曲をそれぞれ取り上げるとのことで、Kurzweil のキーボード7弦ギターなどの強力なインストラメンツを携えてのプレイとなってました。
    すでにこの時点で少々圧倒されてしまったのですが、ここは我々 Melogress も負けてはいません。
    Itaru の機材に、新たに Roland のショルダーキーボードを加え、ヴィジュアル面でもインパクトのあるステージを目指していました。


    そして次に Melogress のリハです。
    いつも、あまりモニタリング(演奏中に聞かせてもらう音)に注文のない我々です。
    なにせディストーションギターサウンドがないバンドなので、ボーカルやコーラスはともかく、楽器の音は非常にモニタリングがしやすい編成なのです。
    筆者が以前にやっていたいくつものバンドと比べて、圧倒的に Melogress のステージでの中音は聞き取りやすいです。
    今回もやはり、そんなに PA さんに注文することもなく、無難にリハを終えました。
    「自由の翼」「There's only our deep blue」「闇夜の支配者」といった曲の一部をそれぞれプレイし、各自の音のイコライジングを整え、モニタリングの微調整をお願いしました。

    その後は Nostaldium のリハで、筆者はずっと見ていたのですが、4人編成のストレートでなかなかカッコイイバンドだと、素直に感じました。
    特にドラマーの Taina 氏は、ノータム仕様(フロアタムのみ)のシンプルな見通しのきくプレイスタイルで、それでいてバリエーションの少なさを感じさせないいいプレイを聞かせていて、ファーストインプレッションが強かったです。
    またベースの Taro 氏は、筆者と同じ Arion の Bass Chorus を使用していて、一気に親近感を覚えました(コンプは EBS のマルチコンプだった模様・・。違ったら指摘してください!)。

    その後は yamaZaki のリハということで、Junji が参加しなければならなかったのですが、Seede はそれを見たいとのことで、Itaru と二人で腹ごしらえに行きました。
    ライブ前というのに、あまり緊張感のないことを自覚し、パスタ屋で二人で、少しは気分を盛り上げようとしていました・・笑

    さて、戻るとけっこういい時間です。
    1バンド目の Selectric Guys がリハを行っていました。
    B'z のコピーバンドということで、懐かしいナンバーが聞こえていました。
    驚きなのは、なんと UtGM の key の Asakura 氏がキーボードをプレイしていたことです。
    後で聞いた話によると、1曲だけ当日に突然のサポートをお願いされたようです。
    Zero という楽曲で、氏は以前プレイしたことがあるとのことで、突然の依頼にも対応できたようです・・汗

    そんなこんなで 16:30 の開場を迎えつつあり、yamaZaki は自主制作のアルバムのジャケットをその場で準備したり、Melogress はフライヤーを提出したりと、ライブの気分が高まって行きました。
    筆者は yamaZaki のステージの間や直後に受け付けをする役割を担当することになり、開演前からしばらくは受付席にいました。
    そこでは今回のイベントらしく、バンド同士の交流がもてました。

    yamaZaki のシンガーの翔 氏は、廃刊もあやぶまれているという Days Japan という、社会的な問題をするどく取り上げる雑誌の、購読者を増やす動きに参加しているとのことで、このイベントでもそれができないかと、雑誌のサンプルと申込書を持参しての登場でした。
    この雑誌、写真が多く載っていて、非常にインパクトがあります。
    公害問題、イラク戦争問題などの大きなカテゴライズから、詳細なレベルまでの取材となっていますので、興味のある方はぜひとも購読をしてみてください。

    ギタリストの一人、コースケ氏は、フロイドのTシャツ(アルバム「狂気」)を着て登場。
    しかし本人によると、それと知らずに購入していたようです(笑)。
    愛用のギターとのことで、テレキャスターやそのプレイスタイルについての話でも盛り上がりました。
    ベーシストの HIDE 氏は、友人に写真を撮るのが好きな人がいて、その方に今日のステージを撮ってもらうとのことで、我々 Melogress もその方にお願いすることになりました(千賀氏、ありがとうございました!)
    このお二人は、今日のステージを最後に yamaZaki を脱退するとのことで、その話にも及んだのですが、数々のバンドを脱退・解散してきた筆者としては、今後もどこかでバンドを続けてほしいと感じました。

    また、UtGM のVo、「お嬢」こと まいこ嬢とも話す機会がありました。
    意外(?)なことに、彼女は日本のインディーズシーンのメロコア系バンドがフェイバリットとのことで、LOCOFRANK、10-FEETマキシマム・ザ・ホルモン といったバンドを教えてもらいました。
    やはり、知らないバンドはいくらでもあるものだと、再認識させれられました。
    また、彼女にはお兄さんがいて、筆者と同い年ということで、これまたお互い親近感を持ちました(筆者はお兄さん的存在か・・笑)

    そんなこんなで開演したようで、1バンド目の Selectric Guys のステージが始まりました。
    さて、ずいぶん長くなってしまいましたが、今日は開演前までのこれくらいにしておきまして、各バンドの実際のステージや、Melogress のセルフライブレポートなどは、次回投稿に譲ることにします。
    Melogress のサイトに当日の写真もアップしゆきますので、お楽しみに!

    スポンサーサイト

    [Live report]2006.6.17 町田プレイハウス | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<2006/06/17 at 町田プレイハウス part2 | ホーム | 2006/06/17 at 町田プレイハウス part3>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。