Melogress Official Website 2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu)

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu)

    Mellow Rock Fight Vol.1 に出演して(後編)

    ようやく私たちのステージの番が来つつあります。
    前回ライブが2月だったので、実に4ヶ月ぶりのステージです。

    プレハの楽屋は2階にあり、体育館のように2階部分の廊下を渡って、ステージ袖につくという、なかなか本格的な造り。
    数々のバンドがここを歩いて、このステージを踏んだのでしょう。
    出演前は楽屋で、それぞれ衣装に着替えたり、楽器を準備したりします。
    筆者も上だけ着替え、ステージに備えました。
    そこには、興奮さめやらぬ yamaZaki のメンツや、次の次の出番に備えて歌詞を復唱するまいこ嬢も居ました。
    わりと雑多な空間ではありますが、ほかと比べると広くて恵まれているほうです。

    さて、Nostaldium が終わると、いよいよ Melogress の番です。
    私たちのバンドは、ドラムとキーボードのセッティングにやたら時間のかかるバンドで、今回もけっこう時間がかかってしまいました。
    筆者のベースはチューニング程度で終わるので、いつも肩ならしに何か弾いてます。
    今回は yamaZaki のメンツが最前列でスタンバっていたので、「石転」のメインリフレインを弾いたりしてました。

    そうしてようやくスタンバイも終わり、SE が途絶えます。
    Junji のカウントと共に「自由の翼」のプレイが始まりました。
    ステージから見たお客さんの数は、およそ50~60といったところでしょうか。
    以前、吉祥寺クレッシェンドでデビューライブを飾ったときと同数くらいに感じましたが、あそこより広いハコゆえ、実はもっと入っていたのかもしれません。
    モニタリングは悪くはなかったのですが、出音はどうなっているのか気になりました。
    この楽曲は展開がいくつかあり、リズムを合わせるのが難しい曲です。
    yamaZaki のステージをこなした後の Junji でしたが、多少あやうい場面もありつつ、いつもとは異なるフィルインパターンなども取り入れ、オープニングを飾ったのでした。

    2曲目の「空かける思い」にうつる前に、Seede から軽く挨拶。
    そしてアップテンポのポップナンバーであるこの楽曲へ。
    この曲は軽快なビートで、正確にノリを出すのが非常に難しい楽曲です。
    Junji のキックやハットを聞きながら、筆者独自のノリを出してゆきます。
    途中、短い間奏があるのですが、Itaru の右手から発せられた音は、フレーズこそいつもの馴染んだものだったのですが、音色は1オクターブ下というか、低い音になっていて少々面食らいました。
    しかしそれもつかの間、またブリッジにもどってブレイク。
    そこからアウトロまでは、ひたすら例のノリを出します。
    1曲目と比べるとかなりキャッチーなナンバーなので、初めて私たちのステージを観てくださった方には、1・2曲目でだいぶ雰囲気異なるな、と感じられたかもしれません。
    Pure な気持ちを歌った Seede の歌も、ストレートに伝わりやすいかと思います。

    そして Seede の短いMC の後、3曲目の「(there's only our) Deep blue」です。
    Itaru の組み立てた短いイントロパッセージに続いて、ドラムとベースが入ってゆきます。
    Aメロ・Bメロの繊細なリズムから一転して、サビでスネアのビートはダブルになり、キーボードは分厚い層をなします。
    この楽曲は歌が終わった後、エンディングまで筆者とともに Seede もリードボーカルからコーラスにまわります。
    それをバッキングの一部として、Itaru の縦横無尽なソロプレイがフューチャされています。
    その後半には MS-2000図太いリードの音が用いられ、 Junji のビートもそれに触発されるがのごとく、mp(メゾピアノ)からff(フォルテシモ)ほどの変化を聞かせます。
    それを聞いている筆者のベースプレイは、自分がとるコーラスと同じく安定したプレイを続けます。
    ロックバンド編成の各楽器とコーラスの役割を、うまく分担したアレンジを目指した楽曲です。

    さて、そんな3曲目が終わると前半戦終了です。
    Itaru が衣装チェンジの時間を取るため、Seede が MC を務めました。
    ネタはワールドカップものです。
    筆者も割り込み、会場のみなさんに参加してもらう初歩のパターンである「~な人、手を上げてください」を、先週の対豪戦観戦を対象に実施しました。
    UtGM のアサクラ氏(サッカージャンキーか?)を初め、みなさん少なからず手を上げて下さり、ライブとしての一体感を感じられた瞬間となりました。
    さて、そんな感じでつないでいると、次の楽曲「闇夜の支配者」にふさわしい身なりをした Itaru が登場しました。
    彼こそ支配者か?と思わせるに充分たるインパクトでした(バンドの支配者は筆者ですが・・・嘘)。
    何でも、都内の伝統的なファッションショップで購入したとか。

    Melogress の他の楽曲もそうですが、この楽曲は極めてインストパートの多い曲になっています。
    シンセのソロ、ピアノの独奏、再びのシンセのソロという構成で、今回は2回目のシンセソロにショルダーキーボードを用いるというアイディアだったので、その前に ドラムのソロ(独奏)をフューチャするというアレンジにしあげました。
    Itaru のソロはわりとインプロヴィショナルなもので、とくに最後のソロはキーボードスタンドからも開放され、奔放なプレイとなっていました。

    この楽曲の後は、次回ライブ告知の MC となりました。
    次回ライブは8/13(日)、プログレの聖地、あの吉祥寺シルバーエレファントにての PROGRESSIVE LIVE です。
    しかも対バンには Itaru のキーボード友達の Kim Kim 氏率いる Tiananogue もいます(全くの偶然で、ブッキングをお願いしたらこうなりました)。
    みなさん、次の Melogress こそ要チェックです!

    それと、残念なお知らせもあり、それを Seede が伝えました。
    実は、その次回のステージを持って、ドラマーの Junji が脱退することが決まり、それを発表しました。
    yamaZaki の活動に専念するというのが主な理由です。
    Junji のほうからも一言あり、「卒業」との前ふりに対して「実はクビ」という Junji らしいジョークを交え、彼の率直な性格を垣間見せた MC となりました。
    Melogress の前身、Image Flight 時代からバンドのビートを支えてきた Junji の脱退は、ずっと見守って来てくださった方からしてみたら、いささかショッキングな出来事となったかもしれません。
    つきましては、Melogress は後任のドラマーを探しています。
    少しでも興味を持ってくださった方、またはそういったドラマーを知っていて推してくださる方は、ここからご連絡ください。
    よろしくお願いします m(_ _)m

    さて、その後は「Peace & destroy」です。
    この楽曲は、ピアノの短いパッセージに続いて、極めてギターロック的なアプローチのリフレインのイントロで始ます。
    ギターとベースギターがユニゾンで奏でる16ビート系のアップテンポなリフレイン、といったところでしょうか。
    しかし Melogress はこういう楽曲を、シンセリードの音で奏でます。
    ハムバッキングのピックアップと比べても遜色のない(音域によってはむしろそれより)太い音です。
    Seede の歌のパートは強く訴えかけ、それをストリングスの音が包みます。
    後半はダブルテンポで盛り上がり、ひとまずの終焉を迎えます。
    アウトロは、物悲しくも暖かいピアノの伴奏の上を、迷いのなくなって行くかのような主人公の声を歌い上げて、ジ・エンドです。

    最後の楽曲の前は、バンド側からお礼を申し上げさせてもらいました。
    今日招いてくださった UtGM や Nostaldium のみなさん、そのほかの対バンのみなさん、スタッフのみなさん、そして観に来てくださったみなさん、みんなに感謝の意を伝えました。

    ここでまた改めて言わせてください。

    ありがとうございました!

    最後は「Touch me now」ということで、例によって MS-2000 のとてつもなく図太い音でのイントロから始まります。
    マスターキーボードの Trinity は、3音スプリットという、やけにマニアックな設定となっています(3色の音色については失念・・ピアノ、オルガン、ストリングスか? Itaru がコメントつけてで解説してくれるかも)
    先の楽曲でもそうですが、ショルダーキーボードの音源には、こちらの音源をマスターとして用いています。
    Itaru はサビでのコーラスもきかせつつ、楽曲の中核をになうピアノやシンセの音を場面に応じて聞かせます。
    筆者と Junji のビートは、この楽曲ではスタッカートぎみでかなりタイトです。
    Junji のフィルインは、長くプレイしている楽曲だからか慣れたもので、毎回異なるパターンを繰り出してきます。
    それを瞬時に予測して、それに合ったフレーズにするのが、ベーシストの密かな楽しみとなっています。
    この楽曲も、最後にショルダーキーボードによるシンセのソロで、そのままアウトロになっています。
    展開は決まりナシ、いわゆるインプロになっています。
    アップテンポゆえ、筆者は汗をにじませながらのプレイとなっていました。
    Junji のパターンにあわせ、ワンコードのプレイが延々と続きます。
    もちろんツインペダルによるプレイも飛び出し、今回のステージのクライマックスを盛り立てます。
    そしてフィニッシュ
    ビートが途切れ、Junji のフィルが続き、最後の最後を迎えました。
    ずっと最前列で盛り立ててくれた yamaZaki のメンバーを始め、みなさんの暖かい拍手を背に、ステージを後にしました

    さて、今回でこのイベントのレポートを終わりにする予定だったのですが、とてもではないですが終わりませんでした(笑)
    この続きについては、次回の最終編に譲りたいと思います。

    More Melodious,
    More Progressive
    and Thrill beat !!
    We're the 'Mologress'

    スポンサーサイト

    [Live report]2006.6.17 町田プレイハウス | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu) | ホーム | 2006.6.17 町田プレイハウス (written by Ryu)>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。