Melogress Official Website IT・暗号化と音楽(原始から現代、そして未来へ)

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    IT・暗号化と音楽(原始から現代、そして未来へ)

    こんにちは、Itaruです。

    本日は、暗号化の歴史について取り上げたいと思います。
    ムリヤリ音楽にも絡めるので、是非最後までご覧下さい。

    『暗号』というものは古代より使われ、進化を繰り返して
    現代でもさまざまな場面で使われています。

    身近な例
    「ひらけ、ごま」
    「やま → かわ」
    「業務放送、全館66番対応をお願いします」
    「ザギンでシースー」

    それではここから、歴史順にピックアップしていきます。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    ●古代

    文字を隠す(ステガノグラフィー)
    •伝令の髪を剃って、頭皮にメッセージを入れ墨。髪がフサフサになってから使いに出す。

    ●近代

    シーザー暗号
        
        平文: apple
        アルゴリズム: アルファベットを平行移動
        鍵: 3文字ずらす
        暗号文: dssoh


    angougazou 


    ●現代

    公開鍵暗号

        ・公開鍵と秘密鍵が、ペアで作られる
        ・相手には公開鍵だけ渡す
        ・公開鍵で暗号化されたら、ペアの秘密鍵でしか複合化できない
        ・秘密鍵で暗号化されたら、ペアの公開鍵でしか複合化できない
        ・公開鍵から秘密鍵を作ることはできない

    アリスからヴァンダーに秘密のメッセージを渡したい

         1.ヴァンダーが、鍵ペアを作り、公開鍵だけ公表
         2.アリスは、ヴァンダーの公開鍵で暗号化
         3.ヴァンダーは、ヴァンダーの秘密鍵で複合化

    アリスは自分が書いた文書であることを、ヴァンダーに証明したい(署名)

         1.アリスが、鍵ペアを作り、公開鍵だけ公表
         2.アリスは、アリスの秘密鍵で暗号化
         3.ヴァンダーは、アリスの公開鍵で複合化

    ---------------------------------------------------------------------------------

    現代の技術は、身近なところでは
    通販サイトなどで使われているようです。

    こうして見ると
    古代→原始的物理的だが、そのぶんアイデア勝負で手法は色々ありそう
    近代→アルゴリズムが安直だと見破られる可能性が高いですが、その分作成も容易。
       →アルゴリズムが難ければ難しいほど、見破るのは困難になるでしょう。
    現代→テクノロジーって感じですね!!


    未来に行けば、もっと進化した暗号が使われるようになるかも知れませんね。
    ITは成長を続けているのですね。 (やや強引)


    さて、自分の曲の歌詞についてですが・・・
    これも暗号が使われています。

    それは比喩です。
    (比喩のひの字もない、直球歌詞も多いですが)

    比喩は暗号ではないのですが、主語を抜かすと暗号になりえるのです。

    そして、それらをロマンチックに受け取れば、
    歌詞と曲は、受け手の解釈により、そこにある世界は広がります。
    私が暗に込めたメッセージを、汲み取ってくれる方もいらっしゃるでしょうが
    音楽というフィールドの中で、聞いた人の世界と、私の世界がつながればいいな、と思います。



    音楽とは、聞き手と作り手が、それぞれ公開鍵と秘密鍵を持っているのかも知れませんね。


    ムリヤリ格好良くまとめてみました(笑)
    それでは、また。




    ※暗号化に関しての記述文は、某氏の描き下ろしを引用させて頂いております。
    この場を借りて御礼申し上げます。
    スポンサーサイト

    [Column]ITと音楽についてItaruがKataru | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<ITが生んだ電子の歌姫『初音ミク』(VOCALOID) | ホーム | IT(インフォメーションテクノロジー)をからめた近況報告 by Itaru>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。