Melogress Official Website 今時プログレ廃盤の需要があるのか? by f-nakaji

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    今時プログレ廃盤の需要があるのか? by f-nakaji

    今時プログレ廃盤の需要があるのか?

    ゴールデン・ウイークなので
    久々にディスクユニオン新宿プログレッシブロック館に行った。

    レジの脇に画像の小冊子があったので、
    もらって帰って、中を見て驚いた。

    イタリアン・プログレのオリジナル原盤の買い取り価格
    ジャケットと共に10ページに渡って掲載されているのだ。
    それもチェリーファイヴを10万円、
    ムゼオ・ローゼンバッハを7万5千円
    セミラミスを4万5千円、
    クエラ・ベッキア・ロカンダの2ndを9万円etc
    で買い取ります
    と言う内容。

    確かに今でもイタリアン・プログレの状態の良いオリジナル原盤は
    海外のネット・オークション等では高値を付けているけれども
    CD化が進んで手軽に音を聴けるようになり、
    日本ではこうした狂乱物価の廃盤レコードを見かけなくなって久しい。

    なぜ今、しかもユニオンで、こんな小冊子まで発行して
    オリジナル原盤の買い取りをするのだろうか?

    廃盤レコード専門店がほとんど姿を消したので
    チャンスと考えているのだろうか?
    そもそも廃盤レコードの需要が今更日本であるのだろうか?
    あるいは、かつての買い付けで日本に原盤が多くあるので、
    買い取って海外のコレクターに高値で売ろうとしているのか?

    マウロ・パガーニ来日決定で
    イタリアン・プログレを盛り上げたいのは判るが、
    CDセールスのプッシュではなく、原盤買い取りに力を入れる
    正直理解に苦しむユニオンの企画である。


    P.S
    そもそもイタリアン・プログレのオリジナル原盤が
    こんなに高値を付けたのは、日本が最初らしい。


    10数年前のレコード・フェアで、
    壁に7万5千円のセミラミスの原盤が飾られていて、
    それをひょいと取って、
    こともなげにレジで代金を払って行った人を見て、
    コレクターって恐ろしい、と思った記憶がある。
    (にもかかわらず、数年後に自分も大枚はたいて
    スクリューヴァニアやヴィジタースのオリジナル原盤を
    海外から買ってしまうのだが・・・苦笑)
    スポンサーサイト
    [Column]F-nakajiのプログレよもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<エマニュエル ブーズの消息判明 by f-nakaji | ホーム | プログレ シングル事情 by f-nakaji>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。