Melogress Official Website GENESISアルバムレヴューVOL.4 by Itaru

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    GENESISアルバムレヴューVOL.4 by Itaru

    月影の騎士

    GENESISレヴューです。
    今回は「FOXTROT」に続くオリジナルアルバム「Selling England by the Pound」関して
    レヴューしたいと思います。

    アルバム全体としては、過去の作品と比べてややキャッチーで
    明るい曲調の曲が多い気がします。
    この作品には、個人的ハイライトが3曲ほどあります。
    ですので、その3曲を中心にレヴューしたいと思います。

    1曲目「Dancing with the Moonlit Knight」
    ガブリエルの歌からスタートし、最初からジェネシスワールド全開。途中一気にスリリングなインストパートに突入します。
    出だしからつかみはOKと言った感じで、聞き手を英国プログレの世界へ誘います。

    7曲目「The Cinema Show」
    幻想的なイントロダクションからしっとりと、優雅に、もの悲しく。
    最後のインストパートは、必聴です。

    そしてそして、一番のハイライトは3曲目「Firth of Fifth」
    (順不同でお伝えしてます)

    「この曲をもう一度聴くためだけに、生きている価値がある」
    そんなことを思いながら過ごした日々もありました。
    クラシカルかつプログレッシブなピアノのイントロ(メインテーマ)から、
    オルガンが包み込むように、バンドアンサンブルが始まります。
    中間のフルートパートから一転、メインテーマが登場して
    ダイナミックかつ流れるようなインストパートが始まります。
    そこからまた一転、ベースラインが印象的なギターの名演が・・・

    構築美とでも言いましょうか。この曲は本当に素晴らしいです。
    (余談ですが、後にフォロワーがこの曲をまんまパクっていたりするそうです)

    と、3曲だけにスポットライトをあててみましたが、
    アルバム全体としても良くできていて、初めてジェネシスを聴く人にも
    お勧めできる1枚だと思っています。

    プログレ好きの人で、未聴の人は逆にあまりいないのでしょうが…
    もし未聴でしたら、是非買って聴いてみて下さい。

    英国プログレ・優雅にかつ繊細に、ここに極まれり…

    スポンサーサイト

    [Column]Genesis シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<Uriah Heep 番外編5 Cressida 「Asylum」 by Ryu | ホーム | 謹賀新年2010 by Ryu>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。