Melogress Official Website フランス・ベルギー廃盤ツアー!?(中編) by F-Nakaji

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    フランス・ベルギー廃盤ツアー!?(中編) by F-Nakaji

    大部間が空いてしまいましたが、続編です!


    ノミの市めぐりを終えた後、中古レコード屋はほとんど休みなので、
    フランス最大の本&CDの量販店Fnacに行きましたが、
    フレンチ・プログレのCDは皆無でした。
    2年前に行ったマルセイユのFnacには
    Ange、Malicorne、Dan Ar Brasなどが各1・2タイトルはあったのですが、
    パリでは全く売れないようです。
    勿論MuseaのCDなんかありません(インディーズだし・・・)

    やむなく本のコーナーに行ってAngeとCatherine Ribeiroの単行本を探したのですが
    これもナシ、
    唯一あったGerad Mansetの単行本を持ってレジへ行きました。
    ところがレジが大渋滞、
    フランスの社会はクレジットカード全盛で、
    本屋でもほとんどの客がクレジットカードで支払いをするため
    現金より時間が掛かって混雑してしまうようです。
    結局10分以上並ぶハメに・・・
    その上現金払いは私だけで、
    「カードじゃないんですか?」と店員にいぶかしげに尋ねられる始末
    なんかな~

    結局の所、パリでのレコード屋巡りを終えて
    (2年前も今回も)店頭に限ればパリ(&フランスのどこ)よりも
    東京の方が(シングルを除けば)フレンチ・プログレのレコード・CDが手に入ると
    言う、しょ~もない結論に辿り着いてしまいました。
    フランスでは自国のプログレは、
    レア・アイテムに限らずネット販売が完全に主流になってしまっているようです。

    一方、Liveシーンは日本よりは多少マシ?な様で、
    「パリスコープ」(「ぴあ」の様な大手情報誌)にFrancois CahenとDidier Malherbeの
    ジョイントLiveの情報が載っていました。
    (日程が合わず観られませんでしたが・・・)
    また、地下鉄の駅にはYesのコンサート告知の大きなポスターが貼ってあったりもして、
    大御所には根強いファンがいるように感じました。

    [Column]F-nakajiのプログレよもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<「ANVIL! THE STORY OF ANVIL」 を観て by Ryu | ホーム | What's new 2009/10/26>>

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    | ホーム |