Melogress Official Website 2009年10月

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    What's new 2009/10/26

    akz 氏のペンによる、吉祥寺 シルバーエレファント でのPROGRESSIVE LIVE のライブレポートをアップしました。
    [What's new]What's new | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2009.10.4 吉祥寺シルバーエレファント (written by azk)



    レポータ:azk

    週2-3夜のペースで開催される吉祥寺シルバーエレファントのライブシリーズPROGRESSIVE LIVE 2009
    10月4日は3バンドの出演が予定され、Melogressはそのトップを担った。
    筆者は、ボーカルのF-NakajiとドラムのGotoが加わった新生Melogressのライブを体験するのは初めて。
    前回は独自の世界観を打ち出すステージが強く印象に残った。
    2009年秋のMelogressはどんな進化を見せてくれるのか、楽しみだ。

    シルバーエレファントのある地下へと階段を下りていくと、ライティングは薄暗く、SEには重いギターフレーズが流れ続ける。
    PROGRESSIVE LIVEならではの独特の空気感か。
    週末が終わろうとする日曜の夜だが、40-50の席はほぼ埋まり、プログレファンや各バンドの熱心なリスナーたちがリラックスした表情で開演を待つ。

    18時1分。
    開演時間から少し間を空け、Melogressのメンバーがゆっくりと姿を現した。
    ボーカルのF-Nakajiの姿は見えない。
    どうやら1曲目にインストナンバーを持ってきたようだ。
    ドラムのGoto、ベースのRyuによるリズムセクションがタイトなグルーブを刻みはじめ、観客を引き込んでいく。
    力強く、ポジティブな精神を感じさせるインスト曲「In the air」
    キーボードのItaruが奏でるメロディーがさわやかに響き、店内の空気を一転させた。
    続く「幻想のシンフォニー」でステージ袖からボーカルのF-Nakajiが登場。
    伸びやかな高音が印象的な歌声で、ファンタジックなMelogressの世界観を増幅させる。
    曲の中盤、高音を強調したItaruのソロが切り裂くように挑みかかる。
    キーボードはこのバンドでの唯一のメロディー楽器だが、観客を飽きさせない多彩な音色の配置、叙情的なフレーズが輝きを放つ。
    3曲目の「Touch me now」はサビが印象的な1曲。
    アウトロではItaruが再び情熱的なソロを奏でる。

    ここでMC。
    F-Nakaji
    がシルバーエレファントに感謝を表す。

    雰囲気を変えて新曲「旅路の果てに」を披露。
    F-Nakajiがフルートを構える。曲後のMCで判明したが、ライブでは初めての試みだという。
    最初、音が出ないアクシデントもあったが、切なげなメロディーにフルートの音色がマッチしていた。
    5曲目は「闇夜の支配者」
    夕暮れを思わせるライティングに切り替わる。
    Itaruがショルダーキーボードに持ち替え、スタンディングソロに突入。
    ベースのRyuとの掛け合いで観客をあおる。
    そしてインスト曲「Great challenger」
    3人編成でも物足りなさを感じさせない重厚なテクニック。
    ベースソロでRyuが躍動する。

    最終曲を前にF-Nakajiが呼びかける。
    Melogressの燃え上がりを体感してください」
    未来への憧憬を描いた「自由の翼」はフィナーレにふさわしいスケール感を兼ね備えた楽曲。
    サビでテンポアップし、高揚感を漂わせながらライブを締めくくった

    まだ結成4年目ながら円熟味を感じさせるステージ。
    前回のライブから確かな技術に一段と磨きがかかり、熱さと冷静さがほどよくバランスした全員の佇まいが揺るぎない経験を感じさせた。
    広がりのある世界観は健在。
    次のステージではどのような表情を見せてくれるのか。
    これから生まれるであろう新曲にも期待したい。

    以上
    [Live report]2009.10.4 吉祥寺シルバーエレファント | コメント:0 | トラックバック:0 |

    Uriah Heep Vol.11 「INNOCENT VICTIM」 by Ryu



    11作目は、ジョン・ロートントレバー・ボルダーが加入してのラインナップとしての2作目です。
    今回、本稿を執筆するにあたり、けっこう久しぶりにこの作品を聞き返しました。
    正直なところ、最初に聞いた当時はあまり好きなアルバムではありませんでした。
    (以前このシリーズで紹介した High and mighty も同様でしたが)

    個人的には、やはりあまり好きなアルバムではないと感じます。
    もちろん、駄作ではありません。
    新メンバーが楽曲提供するなどバンドになじみ、確実に良くなっているとは思うのですが、
    いかんせん、これといった名曲がないのです(他のアルバムと比較してですが)。

    敢えて言うなら、ラストの Choices、これは名曲ですスローバラード的なアプローチで始まる楽曲なのですが、途中で激しさを得て盛り上がります。
    この曲に関しては、以前、筆者が Yahoo! チャットの音楽カテゴリにて部屋を開いていた際に、訪れた人との対話が忘れられません。

    その人が、ラジオでこの曲を一度だけ聞いたことがあり、あまりにインパクトがあって忘れられずにいたと。
    ただ、Uriah Heep の曲だということは分かっていたらしく、部屋主の
    筆者がヒープファンだと知って、問答をしながら筆者が Uriah Heep の曲を何曲かかけ、最後に Choices と気がついて感動したという顛末です。
    個人的にはそんなに気にしていなかったので、この曲ではないかとすぐにと当たりがつきませんでした。
    割と人気のある曲なんだなと、そうして気がついたのでした。

    映像はみつからなかったので、音だけでお楽しみください。

    今更ですが、また聞き込んでみようかなと、改めて思いました。

    [Column]Uriah Heep シリーズ | コメント:1 | トラックバック:1 |

    らーめん 天翔(池袋) by Itaru

    tensyo

    らーめん 天翔(池袋)

    らーめん屋の多い町、池袋。
    有名店もいっぱいあるのですが、全体的にこってり系が流行っている気がします。
    今回紹介するのは、ロサの近くにある「らーめん天翔」というらーめんです。

    カウンターのみの店内です。
    店員さんはほどよく威勢があって丁寧な応対をしてくれます。

    さて、らーめんの方ですが・・・
    香ばしくてコクのある魚介系らーめんですが、くどすぎず、しょっぱすぎず、
    なかなかバランスが保たれているイイらーめんだと思います。
    また、薬味にゆずこしょうがあるので、こちらがたまらない一品です!
    是非入れてみてください。

    池袋でらーめんを食べていると、結構こってり味に飽きてくる瞬間があるので
    このらーめんなどは、たまに食べると、ほっとすると言うか・・・
    ほどよいバランス感がたまらない一品だと思います。
    具はそんなに多くないほうだと思います。シンプルな感じですね。
    個人的にはくきわかめが苦手なので、抜いてもらうことも多いのですが。

    何かの機会で池袋に来た際、こってりすぎないラーメンが食べたいときなど
    お勧めできるらーめん屋だと思います。

    2011/2/13追記
    残念ながら閉店してしまいました。
    「せからしか」が代わって営業中!
    [Column]メンラーシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

    What's new 2009/10/10

    吉祥寺 シルバーエレファント でのPROGRESSIVE LIVE のステージショットをアップしました。こちらから参照ください。 


    [What's new]What's new | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2009/10/04 at 吉祥寺シルバーエレファント


    [Photo]Stage shot | コメント:0 | トラックバック:0 |

    by Goto

    こんにちは! Gotoです。

    ライブは大成功でした♪
    観に来てくれたみんな、ありがとう!

    [Column]その他、日常的コラム | コメント:0 | トラックバック:0 |

    What's new2009/10/05

    昨日の吉祥寺 シルバーエレファント でのPROGRESSIVE LIVE へのご来場、ありがとうございました! F-Nakaji がフルートを手にした新曲「旅路の果てに」を含む7曲をセットリストに出演しました。
    ステージショットの写真やライブレポートなど、徐々にコンテンツをアップしてゆきますので、しばらくは本サイトを要チェックです。

    [What's new]What's new | コメント:0 | トラックバック:0 |

    What's new2009/10/02

    吉祥寺 シルバーエレファント でのPROGRESSIVE LIVE が、いよいよ近づいてまいりました!
    まだチケットをお持ちでない方は、こちらからご予約受け付けます。
    18:00からの出演で、17:30 開場ですので、遅れないようにお気をつけください。

    [What's new]What's new | コメント:0 | トラックバック:0 |

    フランス・ベルギー廃盤ツアー!?(前篇) by F-Nakaji

    シルバー・ウイークにパリ、ブルッセル、ブルージュ、アントワープを
    ツアーして来ました。

    折角海外旅行に行ったのに、フレンチ・プログレ・マニアの血が騒ぎ、
    観光もそこそこにレコード店、のみの市、骨董店街を回ってレコード漁りに
    精を出してしまいました。

    パリでは滞在が日・月曜日であったためレコード店は
    ほとんどが休み(ヨーロッパでは日曜日はほとんどの店が休みです)で、
    のみの市(主に土日に開かれるフリーマーケット)を3ケ所回り歩きました。
    のみの市は、衣料品、アンティーク、ガラクタを扱うお店がほとんどですが、
    各のみの市に3~5軒程度レコード店が出店している他、
    ガラクタと一緒にレコードを扱っている店が数軒ありました。

    最初に行ったヴァンブののみの市では、日本人の女性が多数来ていてビックリ!?
    (着物のデザイナーをしている知人もちょうど一週間後に行ったとのこと)
    どうやら彼女達のお目当ては、かわいいアンティ-クのようで・・・
    そんな彼女達を尻目にレコードを探すと、1軒だけレア盤を扱うお店を発見!
    先客でイギリス人らしい2人連れが熱心にレコードを見ていましたが、
    彼らのお目当てはブリティッシュ・ロックのフランス・プレスの様でひと安心。
    この店ではGongの「Camembert electrique」の状態の良い原盤を
    15E(約2,000円)でゲット!
    幸先が良いと思いましたが、他は目欲しいものはありませんでした。残念!

    次に行ったモントルイユののみの市は衣料品、日用品がほとんどで、
    客層もガラが悪い感じ。当然?ながら日本人は階無。
    レコードもダメかなと思いましたが、ガラクラだらけの汚ない骨董品店で
    比較的状態の良いArmand Altaiの「Atavisme」を発見。
    値段表示がなかったので、恐る恐る尋ねたら3.4E(約450円)!安い!!
    (最近の相場価格は知りませんが、一昔前には日本で7,500円位してました)
    もちろん即ゲットしました。

    最後に行ったのがパリ最大のクリニャンクールののみの市。
    2年前にパリに行った時は、ここに出店していた1軒のレコード屋で
    色々レア盤を買った思い出があり、今回もと期待しましたが、
    その店はあったものの、今回は余り珍しいものはありませんでした。
    とは言ってもパリでは一番?フレンチ・プログレの品揃えが良い店
    (店員の1人がMagmaのTシャツを着ていた)なので、
    シングル(5~10E程度で比較的安いし状態も良い物が多い)を中心に
    結構まとめ買いし、店員から「あんたフレンチ・プログレのマニアだね」と
    言われてしまいました(苦笑)。

    (つづく)

    P.S こんな駄文を書いているうちに、Liveが3日後に迫ってきました。
       パリで吸ってきた本場ヨーロッパの空気を、Liveに少しでも生かせるよう
       がんばりますんで、ぜひLiveにお越しください!

    [Column]F-nakajiのプログレよもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | ホーム |