Melogress Official Website 2005年06月

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    Dream Theater8度目の挑戦「Octavarium」 by Itaru


    Dream Theater / Octavarium ('05)

    さて、今回のアルバムレビューはDream Theaterの新譜「Octavarium」です。
    Dream Theaterはプログレッシヴ・ヘヴィメタルというジャンルを開拓したバンドで
    世間的には「テクニカル集団」と呼ばれることが多いのですが、
    それらは彼らの表面を表しているだけに過ぎません。
    彼らの真のすごさはソングライティング能力。そして、
    雨にも風にも負けない「努力派集団」だと言うことです。
    プログレ5大バンドと呼ばれたバンドがいます。
    Pink Floyd、Yes、Genesis、King Crimson、Emerson, Lake & Palmer。
    彼らはPink Floyd、King Crimsonのような天才肌ではなく、
    5大バンドの中ではYes近いと思われます。
    Yesは鬼のようにリハーサルを繰り返したと言われていますが、
    Dream Theaterも恐らくはそうでしょう。
    超高速ユニゾンや複雑な拍子の曲などは並の練習量では無理でしょうし。
    今回の新作を作るにあたっても、スタジオで根気強い作品づくり&リハーサルに
    明け暮れていたのではないでしょうか。

    前置きはこれくらいにして、内容のほうはと言うと…「メタル王国」と呼ぶにふさわしい前作に比べ、
    今回はバリエーションに富んだ楽曲群で、
    メロディもポップ(とは言っても普通のポップスとはほど遠いですが)になり、
    前作がダメだった人にもアピールできる内容になっていると思います。
    ただ、他アーティストからの引用が多いのが気になりますが…(汗)
    アルバムとしては4作目も思い出すキャッチーでコンパクトな前半と、
    ヘヴィでテクニカルな面を持つ後半に分かれています。
    それらの曲が前々作からのコンセプト曲である?と、24分を越す大曲の?の間に収まっている感じです。
    4曲目(前半)までは彼らをよく知らない人でも比較的聞きやすく、
    5曲目以降(後半)は彼らのファンに受けがいい楽曲群かなという印象を受けました。
    総評としては、彼らのアルバムを聴いたことがあって、今回の作品が気になる人にはお勧めです。
    逆に、前作が異様に好きな人や、2~3作目までの初期のファンなどに、
    一部受けが悪いかも知れません…。

    最後に、5作目より参加したJordan Rudessのキーボード(シンセ)プレイについてですが。
    ソングライティングに大きく貢献した5作目、
    2枚組アルバムの2枚目でシンセが核となる音世界を見せてくれた6作目、
    高速ユニゾン要員に成り下がった7作目、さて今回はと言うと…
    シンセソロに関しては手癖の連発でセンスの無さ(もしくはアイデアが無くなってきた?)が感じられますが
    、他はあたりさわりなく無難な感じです。
    もちろん悪いわけではありません、完全にプロの仕事です。
    ただしそれ以上のものは感じられないと思います。
    厳しいことを書きましたが、元々はとても技巧もポテンシャルもある人だと思うので、
    次作はもっと頑張って素晴らしいプレイ&音世界を見せてほしいものです。

    スポンサーサイト
    [Column]アルバムレビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |

    ポータブルCDプレイヤーの行方(後編) by Ryu


    ~ 前編のあらすじ ~

    CD、FMラジオをよく聞く筆者は、長年ラジオチューナーつきCDプレイヤーを愛用していた。

    ある日、それがついに壊れて聞けなくなってしまう。

    そこで次のプレイヤーとして、mp3プレイヤーを検討し始めたところだが・・・





    Y氏によると、i-Podではラジオつきのものはないだろうとのこと。

    i-Pod Shuffleではオプションでラジオが選べるとの情報もありましたが、

    あちらは容量がせいぜい1ギガのものしか出ていません。

    それではMDプレイヤーの代替的使い方 + αくらいしかできないでしょう。

    やはり部屋にある大量のアルバムを入れて持ち歩きたいところ。

    そうすれば、夢の所持全アルバム・全曲ランダム再生も可能です!



    しかしmp3への変換作業(リッピングと呼ばれる)は、なかなかあなどれないようです。

    なんせ時間がかかる。

    標準より少し音質がいい160kbpsのレートで変換しても、一枚あたり約6分。

    一時間で10枚ですから、100枚だと10時間もかかる計算になります。

    1000枚だと・・・・・



    1000(枚) * 6(分) / 60(分) / 24(時間) ≒ 4.17(日)



    となり、ぶっ通しで変換作業したとしても、4日以上かかる計算です・・・汗

    Y氏の場合、腹をくくって一ヶ月間ははそれこそ飲まず食わずで(大げさ・・)この作業にあたり、

    いっきに片付けたとのことです。



    よし。

    こうなったらオレもやるしかないか・・・

    ついにオレの音楽環境にもデジタル化の波がやってきたといったところか。

    すでにCDがデジタルだけど・・・

    決まり!

    次はmp3プレイヤーに決定!



    そこでネットを駆使して調べ物が始まりました。

    mp3プレイヤーは、実は各社からいろいろと出ているもんなんです。

    候補はたくさんあがってきました。

    大容量のもの・FMラジオが聞けるものが最低条件です。

    そうすると、USBメモリタイプのものは容量が小さいため、まず除外です。

    ラジオチューナーが付いていないもの、これも候補から外れます。

    Sonyが出すものがラジオ付きという情報もありましたが、アンチSonyの筆者が使うはずもありません。



    結局、パソコンのサウンドカードなどを作っているCreativeが出している

    『Zen』というモデルの20GB版に落ち着きました。

    値段もCreativeのオンラインショップだと3万弱なのが、価格比較サイトで調査したところ、

    通販部のあるPCパーツ屋さんで5千円引きの25000円で発見。

    これに落ち着き、さっそくネット上から申し込んで買い物をしました。



    届いてみてさっそく使用してみたところ、なかなか悪くない音です。

    操作はタッチだけのインターフェースで少し心元ないですが、まあ時期に慣れるでしょう。

    で、そこからリッピング人生の始まりです・・・苦笑

    部屋にいる間はいつもパソコンを起動させていますが、同時に常にリッピングです。

    一枚終えてはCDのディスクを換え、またリッピングとひたすら繰り返しです。

    来る日も来る日も部屋にいる間はリッピング。

    朝起きてリッピング。

    夜帰ってきてリッピング。

    寝る前までリッピング(笑)

    コレクションの中でも、AOR、プログレッシブロック、70'sブリティッシュマイナーの棚から手をつけました。

    もちろん、これを書いている今も、実は裏ではリッピングしてます・・(笑)



    ようやく1/4ほど作業が完了したところでしょうか。

    先は長そうです。

    もちろんリッピングが終わったものはもうすでに聞けるのですが、

    なんせアーティストごとに棚に整理されていて、その並びで片付けていっているため、

    今のところ音楽ジャンルに偏りがあります。

    早いとこ80年代の列にたどりついて、Gloria Estefanとか聞きたいです・・・



    まあでも、いつも大量の楽曲を持ち歩いて聞けるのはいいね~。

    しかも全曲ランダム再生してると、自分の持ってるアルバムなのに、

    思わぬ名曲を発見することがある(笑)

    これはCDを一枚づつ聞く聞き方じゃ分からないよなー。

    アーティストもアルバムも関係なくランダムに来るから、ほんと楽曲だけで音を判断するというか。

    うちにあるアルバムからも、まだまだ名曲が発見されそうだ・・・



    かくして、いまだリッピング作業は続いているのであった。



    - 完 -
    [Column]その他、日常的コラム | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2005/06/11 at 吉祥寺 PENTA 音工房 武蔵 part1

    MUSASHI01_IMG_0098.jpgMUSASHI01_IMG_0105.jpgMUSASHI01_IMG_0003.jpgMUSASHI01_IMG_0005.jpgMUSASHI01_IMG_0009.jpgMUSASHI01_IMG_0011.jpgMUSASHI01_IMG_0013.jpgMUSASHI01_IMG_0014.jpgMUSASHI01_IMG_0015.jpgMUSASHI01_IMG_0016.jpgMUSASHI01_IMG_0019.jpgMUSASHI01_IMG_0020.jpgMUSASHI01_IMG_0021.jpgMUSASHI01_IMG_0022.jpgMUSASHI01_IMG_0024.jpgMUSASHI01_IMG_0025.jpgMUSASHI01_IMG_0026.jpgMUSASHI01_IMG_0032.jpgMUSASHI01_IMG_0033.jpgMUSASHI01_IMG_0035.jpgMUSASHI01_IMG_0037.jpgMUSASHI01_IMG_0040.jpgMUSASHI01_IMG_0041.jpgMUSASHI01_IMG_0043.jpgMUSASHI01_IMG_0045.jpgMUSASHI01_IMG_0046.jpgMUSASHI01_IMG_0047.jpgMUSASHI01_IMG_0048.jpgMUSASHI01_IMG_0049.jpgMUSASHI01_IMG_0051.jpgMUSASHI01_IMG_0052.jpgMUSASHI01_IMG_0054.jpgMUSASHI01_IMG_0056.jpgMUSASHI01_IMG_0057.jpgMUSASHI01_IMG_0059.jpgMUSASHI01_IMG_0061.jpg

    [Photo]Studio shot | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2005/06/11 at 吉祥寺 PENTA 音工房 武蔵 part2

    MUSASHI02_IMG_0063.jpgMUSASHI02_IMG_0065.jpgMUSASHI02_IMG_0066.jpgMUSASHI02_IMG_0067.jpgMUSASHI02_IMG_0068.jpgMUSASHI02_IMG_0069.jpgMUSASHI02_IMG_0070.jpgMUSASHI02_IMG_0072.jpgMUSASHI02_IMG_0073.jpgMUSASHI02_IMG_0074.jpgMUSASHI02_IMG_0075.jpgMUSASHI02_IMG_0076.jpgMUSASHI02_IMG_0077.jpgMUSASHI02_IMG_0078.jpgMUSASHI02_IMG_0079.jpgMUSASHI02_IMG_0080.jpgMUSASHI02_IMG_0081.jpgMUSASHI02_IMG_0082.jpgMUSASHI02_IMG_0083.jpgMUSASHI02_IMG_0084.jpgMUSASHI02_IMG_0085.jpgMUSASHI02_IMG_0086.jpgMUSASHI02_IMG_0087.jpgMUSASHI02_IMG_0088.jpgMUSASHI02_IMG_0089.jpgMUSASHI02_IMG_0090.jpgMUSASHI02_IMG_0096.jpgMUSASHI02_IMG_0097.jpgMUSASHI02_IMG_0107.jpgMUSASHI02_IMG_0108.jpgMUSASHI02_IMG_0110.jpgMUSASHI02_IMG_0112.jpgMUSASHI02_IMG_0114.jpgMUSASHI02_IMG_0115.jpgMUSASHI02_IMG_0116.jpgMUSASHI02_IMG_0119.jpgMUSASHI02_IMG_0120.jpgMUSASHI02_IMG_0121.jpg

    [Photo]Studio shot | コメント:0 | トラックバック:0 |

    What's new 2005/06/10

    初のレコーディングを STUDIO PENTA 音工房 武蔵にて行う。「幻想のシンフォニー」「Dirty trick」の2曲を収録、ミックスダウン、マスタリングまで行う。

    テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

    [What's new]What's new | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。