Melogress Official Website [Live report]2005.8.21 原宿ロサンゼルス

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    2005.8.21 原宿ロサンゼルス(witten by adamay_k)

    『曼荼羅である。色彩豊かなパレットのようでもある。』
    Melogress 3rd Live Report

    losangels.jpg
    レポータ:adamay_k


    Melogress の3回目のライブ。場所は原宿ロサンゼルス。8.21という、暑い盛り、
    夏の似合うバンドかもしれないMelogress の成長ぶりに期待し、訪れた。
    Melogress は8.7に吉祥寺 Crescendo にて既にライブを行っている。
    筆者は都合観る事ができなかったのだが、初ライブにおける賞の獲得。バンドとしてのスタジオレコーディングを通り越した現在のMelogress に期待は高まるばかりであった。
    ファン層はヤハリ若い世代中心だが、なかには50代女性と思われる方、夏休みだからか小学生の姿も見ることができた。
    開場はPM1:00。ライブにしては早い時間だ。出演バンド3バンド中、Melogress は3番目。
    筆者は2時に到着、前の女性ボーカル(ソロ)のステージ(編注:女性 Vo はRyo さん)が続いていた。
    一方で一部 Melogress の機材(特に Key Itaku の機材)は既にステージ上にあることが確認できた。
    やがて時間になりオオトリが登場する。。以下、都合曲ごとに紹介する。

    1.闇夜の支配者
    荘厳なテーマとともに始まるこの曲はヤハリ良い。定番といってもよいこの曲でMelogress でしかないことを冒頭から高々に宣言する。

    2.空かける想い
    新曲として始まったこの曲はポップ調の曲である。新風を呼び込むこの曲は今までとは一線を画す。

    3.満月の光
    すばらしい。印象的な Ba から始まり、どのように他のパートが絡むのかが非常に気になった曲である。
    新境地であり、ポップな印象は余りなかった。一方で筆者のような、オールドロックファンからすると非常に原始的なパワーにあふれたストイックな曲として、もっとも印象に残った。

    4.Great Challenger
    Instrumental であるこの曲を前に、Seede(Vo)は一旦ステージから離れる。残された三人による強烈な曼荼羅が描き出された。宗教的な崇高な印象とともに、Ryu、Itaruと続いてソロが成される。一方で全体の曲構成が織り成す重厚さに、聴き終えた後には、一塊の曼荼羅を印象させられたのである。

    5.幻想のシンフォニー
    Seede (Vo)がステージに戻り、お馴染みの曲が始まる。何度も聴くと、曲について、何が言いたいのか、何が面白いのかが伝わってくる。

    6.Dirty Trick
    重い。速い。遅い。これらの要素が重なり合い、干渉しあう。
    すばらしいグルーブに、観客席は息を呑む状態であった。

    7.Touch Me Now
    Seede (Vo)のMC「俺達が初めて生み出した曲」に続いて始まったこの曲にはやはり、迷いが感じられる。
    一方でこの青さに堅実な演奏が柱を立てる。

    ただ、この迷いこそが、何かを生み出すキッカケになっている。
    迷いがすべての曲に感じられる状態。コレこそが、持続性である。完成してない。永遠に完成しないものを
    追いかけるはかなさもあるが、実際には高い完成度を見せ付けているが故に、こう言いたくなるものだ。
    Seede (Vo)が熱(39度。。)など(編注:数日前のことで、当日は回復)、バンドとしてのコンディションを気持ちで乗り切っていた。バンドとしての一体感。
    これは個々の演奏、バンドとしてのグルーブに顕著に現れていたことは、これを観た誰もが共感できたはずだ。

    それにしてもこのバンドは、色彩豊かである。曼荼羅を印象させられるのは、筆者の感性が特異なためかもしれないが。パレットの色をブチマケル。心地よい印象はこのためでないか。
    一方で、是非とも、次を発見しなければならない。発見し、具現化する。
    次のハードルはおそらく別次元であろうが、期待せざるを得ない。今の Melogress の疾走は止まらない。


    スポンサーサイト
    [Live report]2005.8.21 原宿ロサンゼルス | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。