Melogress Official Website [Live report]2005.12.3 渋谷タウキッチン

    Melogress Official Website

    都内で活動中のギターレスプログレッシブロックバンド、Melogress (メログレス)公式サイト。

    English site


    Sitemap


    since Mar.2005.

    2005.12.3 渋谷TaU KICHEN (written by HIDE)

    taukichen_itaru.jpg
    レポータ:HIDE (yamaZaki)
    遅かれ早かれ気付かれることなので、まず始めに書いておきたいことがある。

    自分はプログレには興味が持てなかった。なぜなら自分はパンクを筆頭としたロックンロールが好きなので、複雑難解な音楽イメージを持つプログレッシヴロックはジャズやクラシックとは違う意味で敬遠しているような感じがあった。

    自分の中で12月3日の出来事がプログレに対する価値観を変えたのだろうか? ハッキリ言って明確な答えは出てないし、分からない。

    ただひとつ言えるのは"Melogress"というバンドがステージに立つとそこにはMelogressという唯一無二の空間が確立されるということである。

    MelogressのDrummerであるjunjiは自分が所属するロックバンド"yamaZaki"のDrummerでもありリーダーでもある。自分はyamaZakiでのjunjiしか知らないけど、Melogressのメンバーとしてのjunjiのほうが手数が多い感じがした。良い意味でyamaZakiでのプレイがラウドだとすれば、Meroglessでのプレイはタイトでいつつも楽器隊が3人ということで攻撃的に責めるドラムのような感じさえした。

    ライブに関してはその日の出演バンドとしては比較的多い7曲というセットだった。そして、ギターのいないバンドということで、かなり各々のパートが強烈に立っていた。Bass、KeyBoard、Drumsがしっかりまとまってることに関しては正直驚いた。その3人によって演奏されるインスト曲である「Great Challenger」を先頭ではなく、あえて終盤に持ってきた意味が聴いてきてとても伝わってきた。

    曲はもちろんだが、場の空気を変えることの出来るバンドというのが一番印象に残った。それは、ギターが無いからうんぬんではなく、各々のパートが各々の成すべきことをしっかり出し切っているからこそ雰囲気すら変えてしまうのだろう。そう感じた。

    そしてMelogressの更なる可能性を「2006.2.11」に目撃したい。

    yamaZaki Bass担当 HIDE

    [Live report]2005.12.3 渋谷タウキッチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2005.12.3 渋谷TaU KICHEN(written by Itaru)

    Melogress4度目の、そして活動一周年を記念するライブとなった
    「Forever rock vol.8」
    taukichen_itaru.jpg

    レポータ:Itaru
    今日は特別な一日にしてやろう!との意気込みを持って
    取り組んだライブだったのでした。
    アクシデントがあってリハーサルが満足に行えず
    ステージ前には不安が残りましたが、いざ始まってみると…

    久しぶりのスポットライト。
    会場の空気感。
    Melogressを体感しているお客さんたちの視線…
    すべてが、日常とはかけ離れた夢心地のひとときでした。
    あとで聞いたのですが、音量のバランスが悪く
    ヴォーカルとキーボードが聞こえづらいという評判でしたが、
    Seedeとjunjiの仮面の演出、クリスマスプレゼントなどという
    今回ならではのイベントがあって、お客さんにはとても楽しんでもらえたと感じました。

    今回のセットリストは以下の通りです。
    1.闇夜の支配者
    2.空かける想い
    3.Peace&Destroy
    4.満月の光
    5.君と出会えた奇跡
    6.Great Challenger
    7.幻想のシンフォニー

    我々Melogressは、私Itaruが立ち上げた
    「Image Flight」というバンドを母体にして
    それを進化させて次のステップに進みました。
    よって、曲のレパートリーにImage Flight時代の楽曲もあるのですが
    今回のセットはすべてMelogressの曲にしました。
    そういう意味でも、今回のライブは我々の今年の活動を統括する
    意味のある、意義のあるものになったと思います。

    最後になりますが、今回のライブで
    対バンしたUndeR The Glass Moonさんと仲良くなれました!
    音楽的にも、人間的にも通じ合うものを感じた我々は
    近いうちに再び対バンすることとなると思います。
    その日が今から楽しみです。

    では、近いうちに皆さんまたお会いしましょう!

    [Live report]2005.12.3 渋谷タウキッチン | コメント:0 | トラックバック:0 |

    2005.12.3 渋谷TaU KICHEN (written by adamay_k)

    『楽しませる、聴かせる』

    taukichen_adamayk.jpg



    レポータ:adamay_k

     一段と寒い季節となった。
    久しぶりにMelogressのライブに足を運んだ。
    場所は渋谷駅から徒歩10分程度。
    少し路地が入り組んだところにある。
    ライブハウス TaU Kichen 自体は、ガラス張りのエントランスとなっており、近場までくると分かりやすい。
    一階はロビーとなっており、ドリンクを出すカウンターと、テーブル、椅子の幾つかのセットで構成される。
    防音ドアがあり、そこから地下の会場へ降りる。
    Melogressは、夏にライブを見に行って以来である。
    少しインターバルがあることもあり、変化した Melogress に期待は高まった。

    ファン層はヤハリ若い世代中心。
    男性・女性ともに半々といったところか。
    中には元気の良い輩も。
    セットリストは筆者は飲み過ぎていたため、正確に覚えていない。
    レポートを書く者としてはかなり問題だが、印象的な出来事のみピックアップする。

    冒頭から、Seede(Vo) と Junji(Dr)は仮面をして登場する。
    仮面といっても良く反射するアルミフォイルのような質感のものを装着していた。
    一種独特な雰囲気の中ライブは始まった。
    2曲程度演奏し、仮面ははがされる。
    Junji は自らはがし、その勢いで、Seede の仮面をはがした。
    この出来事は今までに無い演出であり、何か独特のものがあった。
    なぜ、他の二人はやらないのか(編注:他の二人はこの演出をステージで初めて知った)。
    これは謎であった。
    ただ、もし、全員が仮面であったなら、これは収集がつかない可能性がある。
     
    さらに、クリスマスも近いこともあり、フライヤーによるプレゼント抽選会があった。
    ファン向けのサービスとしてはすばらしい。
    実際に中身が何であったのかは、当事者しかわからないのだが。
    最後の2曲は、「Great Challenger(インスト)」、「幻想のシンフォニー」である。
    いつもの2曲で終了した。

    演出面でサービス精神が伺えた。
    音楽性もなかなかのものだったとは思われるが、あまり無責任な評もできないのでこのぐらいに。
    ただ、手堅い演奏の中にもオーディエンスを楽しませようという心意気が感じられ、
    また新たな一面を垣間見ることができたのは確かだ。

    次回ライブは、2006.2.11に渋谷で開催の予定とのこと。
    安定した演奏、また、演出もますます充実してきたことにより、より一層の面白さが味わえるものと期待する。

    [Live report]2005.12.3 渋谷タウキッチン | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | ホーム |